Wallpaper 736901 640
 

ドリームキラー



最近、ドリームキラーという言葉は結構有名になってきてますよね。

出る杭は打たれる?身近にいる”ドリームキラー”との付き合い方 - NAVER まとめ



何か新しい目標が出来て、それを達成しようとする時に、必ず反対する人達が出てくると。

特に家族といった身近な人達が反対することが多いとされてるようで、しかし本当にやりたいことがあるなら、その反対も乗り越えることが必要と言われてるようです。

何か新しいことを行おうとする時に反対が起きるというのは、家族間だけじゃなく、 会社を始めとする組織内でもよくあることですよね。

色々な価値観の人達の集まりにおいて、いつも満場一致でスイスイ事が運ぶということの方が珍しいのではないでしょうか。

Appleのような革新性があるイメージの会社でも、復帰後のジョブズがやろうとしていたことは、最初は社内でもかなり反対されてきて、それでもジョブズがCEOという立場を利用して、反対を押しのけて、自分の思いを押し切って実現させ、結果的にAppleを復活させ、さらに世界のトップを争うまでに成功したわけですよね。

そういう意味で、後から見れば結果的には正しい考えであっても、新しいことには反対は付きもので、それはAppleだってそうだったし、日本だけの話でもないということだと思います。

こういうドリームキラー的なものは、ある意味表立って分かりやすく反対されて、妨害されてる例だと思います。

 

見えない妨害


Star wars 1004714 640

しかし、どこでも表向きこれだけ分かりやすい反対や妨害があるこの世ですから、さらに表に出ないくらいに見えないレベルでの妨害というのも相当にあると感じてます。

自分なんかも、明らかに見えないエネルギー的な妨害ともいうべきようなものをされまくってきてて、何か話そうと思うと目が痛くなるとか、露骨にありました。昔に遡るほど、ありましたね。涙目で前も良く見えない状態で家に帰った日もありましたし、本当に失明するんでは?というくらい痛かったこともありました。(因みに、スピリチュアルなセッションを始めてから視力は上がりましたね。)

パソコンのメールが文字化けするなんてこともあって、その部分を読まれたくないんだな、とかも分かりやすかった経験あります。

こういう妨害に合うと、具体的にどういうデメリットがあるかというと、簡単に思いつくだけでも

 

  • 言いたいことが言えない
  • そもそも良いことを思いつかない
  • タイミングが合わない
  • 前向きになれない
  • 行動できない
  • 他者との良い関係性が築けない

 

等ということに繋がります。

まぁ些細なことのように思えますけど、実は、ちょっとした良いアイディアとか、ちょっと言ってみたこととか、ちょうど良いタイミングとか、ちょっとうまくいかなくてもさらに工夫してめげずに頑張るとか、他者との良い縁による飛躍的発展とか、 こういうことは成功には欠かせない要因の一つだと思うんですよね。

Appleだって、ジョブズとウォズニアックが出会わなかったら存在してないかもしれないですし、誰しも、あの人との出会いがなければうまくいかなかった、みたいなことは経験あるのではないかなと思います。

そういう大事なことを妨害する作用は、見えないエネルギーレベルでもかなりあると感じてます。

 

妨害の動機にも種類がある

 

Star wars 899694 640

さらに、妨害については、原因で分類することもできるかと思います。

相手のためとか、将来を心配して、、、、というケースはドリームキラーと言われるケースには多いかと思いますし、そういう時は、相手の心配に対する理解も示して、それでもやりたいんだ、、、みたいな気持ちを示すと良い、みたいなアドバイスとかも見かけた気がします。

とりあえず、心配なのは分かります、という話ですよね。基本的にドリームキラーというのは、近しい人達なことが多いわけで、お互いにハナから決めつけずにちょっと相手の気持ちも斟酌して会話することで、解決するケースもあるかとも思います。

しかし、そういう心配からの妨害というケース以外に、単に悪質に妨害してるケースもあるわけですよね。相手が心配とかそういうんじゃなくて、単に悪質に妨害したいケースが。

自分にとって邪魔だから、ムカつくから、妨害するとかいうことも、見えるレベルでもありますし、見えないレベルでもありますよね。

これが結構厄介で、心配を原因するケースのように話し合いで解決する可能性はかなり低いのではないかなと思うわけです。

こちらが味わってきた妨害も、かなりこの悪質なパターンで、目に見える形で妨害してくるのも明らかに悪質な奴だったんですよね。

 

ただただ悪質なエネルギーによる妨害もある


Darth vader 1207142 640

自分はファミレスとかでも普通にアートを描いてセッション的なことをするんですけど、数年前は、ファミレスで出入り禁止になるような酷くマナーの悪い高齢者から、目をつけられてやたらと度々絡まれたりしたこともありました。おかしな独り言が多くて、見た目もちょっとイカつい奴でしたけど。

そういう悪質な奴が関わってるエネルギーが、こういう奴を使ってこちらを表向きにも妨害したいんだなということは分かってましたし、そのおっさんは「あの野郎、あの野郎」とこちらの方を見てたこともあって明らかに狙われてんな、と自分でも思つてましたが、表向き喧嘩しても厄介なんで、ひたすらに表向きは我慢してエネルギー的に対処してました。

そうした取り組みを重ねた結果、最初はやりたい放題ないかにも危なそうなおっさんでしたが、やがて入店禁止になって、それでも入ってきては店員に見つかって追い出されるという姿を何度も見ましたし、久ぶりに間近で見たら、顔も変わってて、すごみも消えてましたね。

そういう意味で、こちらもかなり狙われてきてやられてもきたマイナスの状態から、限界を感じて方向転換して、やられたら倍返しだくらいは当たり前の姿勢でしつこい妨害にも対処してきた結果、年々以前よりも良い状態になってきてるという経緯もあります。

そういう悪質な妨害は、世間の常識からすると、一線を越えたら法律とか条例の問題になりますが、そこまで至らない見えない厄介な妨害エネルギーも、現実的には存在してるのも感じてきました。仮に入店禁止になったおっさんがいなくても、部屋にいるこちらにも絡んでくるエネルギー的な妨害にこちらも日々対処せざるを得ない現実もありましたし。


パソコンもウィルスとかブロックしないと危険過ぎる現実ありますけど、そういうウィルスとかって素人には分からないですよね。専門会社のスキルにお任せするしかないみたいな。

こちらも、エネルギー的に悪質なものって、特有のエネルギーを結構敏感に感じるんですよね。それを感じる時には同時にムカついてもいるんですけど、ムカつきながらそういうのの対策も結構してきて、昔より体の調子が良くなった現実があります。

 

ホワっとした面だけじゃないスピリチュアル


Yoda 667955 640

スピリチュアルと言うと、綺麗な抽象的な言葉をよく使い、ちょっとホワっとした系の印象が強い人もいるかもしれないですけど、こちらにとっては、見えないレベルからの悪質な妨害も取り払うこともスピリチュアルなんで、全然ホワっとはしてないですね。

多分普通の人よりも、悪質なものも敏感で、倍返し姿勢なんで。

セッションも、分かりやすさのためにヒーリングと書いてますけど、実際の内容的には、利用誘惑エネルギーからの妨害排除とか、エネルギーバンパイア対策とか、この世の現実が綺麗なエネルギーだけじゃない前提の、「癒し」系だけでもない「警備」的な面も強いのも特徴かなと思ってます。綺麗な言葉で癒します、という感じではないですよね。むしろ、表向きの綺麗さを重視する人からはなんか言われたこともありますが、こちらからすると、綺麗な言葉の裏で、エネルギー的には未浄化というかブラックなものもあるよね、なんてことも感じて、表向きの言葉だけを重視する人とは合わないなと思ったこともあります。


自分は、今にして思うと今よりもよほど優しかった過去に結果的に散々やられてきてて、その負担が大変で限界を感じてから、その原因を排除して楽になってきてるという経験があるからこそ、こういうホワっとしてないメニューもあるんですけどね。


もちろん、神聖なエネルギーの心地良さも、人一倍、あるいはスピリチュアル業界の中でも多くはないレベルで体感してたり、昔はアチューメントとかもしてましたんで、神聖でとても良いエネルギーとの縁も強くて、今でもいつでもそういうセッションもできるんですけど、天国ならぬこの地上において悪質なエネルギーも結構あって、その対策も重要だなともまた感じてます。

そういう両極のエネルギーについて、こちらはかなり敏感な方だろうなとは思ってますし、セッションでも、神聖なエネルギーとの縁を強めたり、悪質な妨害はオーラ内から排除したり、ということも当然やってます。

Creative Arts Showers

今まで、悪質なエネルギー対策について、ここまでハッキリと書いたこともなかったんですけど、ずっと前から狙われてもきて対処もしてきたんで、書いたからって今更どうってこともないだろうなとも思ってます。書かなくても狙われてきたし、書いたから今更何かあったら、さらにブチ切れるだけですけども。そういう面もあります。良い子ぶるつもりもないですし、綺麗言だけ言いたいスピ系からは説教されるくらいの面もあると思ってます。ただ、そう言ってくる人の背景にブラックを感じたら、こちらも説教で済まないかも、みたいな。


そういう意味で、この世の残念な側面にも対処するような、ホワっとした感じだけじゃないセッションも行っております。現実、そういう強さも必要だよな、と思う方にもお勧めです。

こちらは過去の経験的に、この世の現実的には優しさだけでは限界を感じましたね。なんかやられ役過ぎたなと。これからは永遠に、有形力を行使する形の過剰防衛にまでならないようにしないとヤバイよねと自分で思うくらいに、やられたらタダで済ますわけがないという基本姿勢でいくつもりです。


因みに、今回無料画像使いまくりのスターウォーズについても、昔から深いよねと思って、記事も書いてます。

本当に厄介なボスは、むしろ表向きまともなことばかり言ってるなんて言うのは、深いと思いますね。上にも書いたように、綺麗言の裏にブラックなんていうのは、基本的に一番厄介だなとも思ってますんで。

ボスクラスは当然、やたら馬鹿じゃないどころか、巧妙な厄介さはありますよね。もちろんやられたらブチキレます。見えないレベルでは法律上過剰防衛とかもないですし。


スターウォーズとアナと雪の女王(ネタばれあり) | Creative Arts Showers Blog
 

Bible 1021657 640

 

日本における商業活動とスピリチュアリティ


前回こんな記事を書いて、

スピリチュアルにも色々な領域の違いがあるということと、ビジネスやお金の話。 | Creative Arts Showers Blog
最後に、

 

”まぁ、基本的に霊性と商人性とかって、あまり関係ないと思うんですよね。

商売上手だからって、霊性が上がるわけでもなく、むしろ変になる人もいるでしょうし、いかにも霊性高くないし高める気も欠片もないよねって人が金持ちなケースもありますし。

資本主義とかビジネスの不完全性も、そんなとこにも現れてるかなと思いますけどね。極論すると、スピリチュアル的な要素ゼロとかマイナスでも、人間の心を動かせれば、金は動くわけですからね。”

 

なんてことも書きました。

日本なんかはでは特に、これはこれで事実ではないかなと思ってたりもします。「半沢直樹」も大ヒットしましたし。

高度経済成長期の頃の日本なんて、海外からはエコノミックアニマルと言われてましたしね。

そういうわけで、商業活動とスピリチュアリティって、日本では特に、関連性がそこまで濃くない感じがしたりもするんですよね。

もちろん、パナソニックの創業者である松下幸之助氏や、祈りの経営で有名なダスキン創業者の鈴木清一氏のように、起業家の中にも、スピリチュアリティでも有名な方達がいたり、

 

それ以外の企業でも、売上の一部を神社等に寄付している例も結構ありますんで、商売とスピリチュアリティというものが、全く無縁だとも思ってないんですけど、しかし、信仰的なことと商売って日本ではやはり距離がある感じするんですよね。
 

心理学とビジネスの関係は当然

 

Girl magazine 791231 640

どの業界でも共通なんでしょうけど、職人的な技術の高さと商売の上手さって、別の才能みたいな面があるんで、技術は良くても売れないとか、逆に、技術は大したことなくても売れるとかってありますよね。
だからこそ、マーケティング業界の関係者が活躍の場があるわけだろうとも思います。

スピリチュアル業界ですら、スピリチュアルな素質と、商売上手さが完全に比例してるということは無いなと思ってます。
商売上手だけど、スピリチュアルな素質的には大したことないとか、そりゃありうると思ってます。
前回の記事でも、「基本的に霊性と商人性とかって、あまり関係ないと思うんですよね。」なんて書いたくらいなんで。

商売とかビジネスというものが思いっきり人間相手なものだから、大事なのは基本的に心理学系のことということですよね。マーケターも当然に、心理学的なことも重視してるでしょうし。


ただ、詐欺師すら心理学系のテクニックを使ってるわけですよね。そのくらいある意味心理学的なテクニックが、人間相手に効果はあることなんでしょうが、そういう現実が自分にとって、ビジネスとスピリチュアリティとの関係を薄く感じさせる要因かなとも思います。

スピリチュアル的に言えば、詐欺師は、心理テクニックで金は得られても、神との関わりが強まるわけはないということになりますけど、ビジネス的にはあまりそういうことは関係ない、みたいな話にもなりがちで、「神より自然より自社が大事だ」みたいな会社も当然あると思います。

 

世界的ベストセラー 「世界最強の商人」


Jobs 680403 640

そんな感じで、なんとなくビジネスにも微妙な思いもあったりもしたんですが、先日読んだ「世界最強の商人」を読んで、その微妙だった感覚にメスが入りました。というか、最後のところで泣きました。

上にも書いたように、日本でも心理学とビジネスが関係してるのは当たり前だし、一部の日本の有名な起業家は心理学だけじゃなく、スピリチュアリティも有していたことも知ってはいたんですが、それでもまだなんか微妙な思いでいたんですよね。


そんな時に読んだこの本は、アメリカ発の、キリスト教を背景にした自己啓発本です。

別にスピリチュアルな仕事をしようという話ではなく、普通のビジネスマンが、自分を律して高めていくための自己啓発的な本です。 著者は、元セールスマンで、自殺を考えるくらいにどん底の状態から、自分を律して結果を出して、出世した人で、小説家になってその秘訣を10巻の巻物としてまとめた本です。

世界的なベストセラーなそうで、世界中のセールスマンに読まれてるそうですね。

やはり海外はキリスト教の影響が強いんだなと改めて思ったりもしました。

欧米は労働観もキリスト教の影響を受けてる印象があって、そういう意味では、スピリチュアルとビジネスというものが、日本よりも関連性が自然と強いというか、根底に自然とスピリチュアリティもあるのかなと思ったりしますが、実際のところは経験ないんでよくわからないです。

とにかく、こういう本が海外ではベストセラーとして受け入れられてるということが、とても希望になりました。

人としてビジネスに必要な最低限の心理学的なことは当然に抑えつつ、その背景にさらにまっとうなスピリチュアリティもあると、そのビジネスマンはさらに強いのかなと思ったりしました。

そういう話の流れで思い出すのは、やはりスティーブ・ジョブズですね。彼自身スピリチュアルな面もあったことも有名ですし、この世界最強の商人の人のように、日々全力で自分や仕事に向き合っていたことも有名かと思います。

複雑なコンピュータを人々に使いやすくすることに尽力した点なんかも、自分が最後に泣いた話と共通点があります。

スティーブ・ジョブズについては、過去にいくつか記事を書いてますので良かったらどうぞ。

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 | Creative Arts Showers Blog

製品への精神を重視したビジネスマン・スティーブジョブズ(次の会場が会場だけに、ジョブズ氏について振り返る、その6) | Creative Arts Showers Blog

出会う前からMacを通して分かりあってたスティーブ・ジョブズ氏とジョナサン・アイブ氏。アイブ氏もMac以外のパソコンが苦手だった。 | Creative Arts Showers Blog

単に売れそうな物を作って、心理学的に魅力的に煽って売る、というのでも、ある意味ビジネスは回る面あるんでしょうけど、ジョブズが求めたのは、そんなよくありがちなビジネスではなく、世界を変えるようなビジネスで、その背景には、やはりスピリチュアリティもあったからこそだと思いますね。

見えない内部の部品へのこだわりを市民としての責任とまで感じてたらしいですけど、そういうことは、心理学とビジネスという面からすると、ちょっとそこまでやる必要ない、となりがちですよね。人間はそこまでは見えないですし、大半の人は関心がないですし。

しかし、人間が見ないようなとこまで深くこだわって実現することが大事だと理屈抜きで感じて、それを責任感を持って本当に実行するところが、彼のスピリチュアルな面かなと感じます。

だからこそ、パソコン嫌いだった自分もApple製品なら毎日使えてるんだと思いますし。

それこそ、スピリチュアル的によく言われるエネルギーの点からも、Apple製品は、他の製品とは違いますしね。使い心地の良さも定評ありますし。それは、やはり彼の、製品内部の部品一つに対するこだわりのおかげな面も大きいと思います。


 

最初書く予定になかったことを書いてるとこがスピ系っぽい


Light bulbs 1125016 640

そういう訳で、結局この記事を書き出した頃は思ってなかったAppleの話に落ち着いたわけですけど、Appleを良い例に、ビジネスの世界でも、まっとうなスピリチュアリティというのも有益だなと思いました。
敏感な人からすると、その会社とか、人物とか製品にも感じるものがありますし、詐欺師が心理テクニックを使ってきても、「なんかキモいな」と感じるもんですしね。

ビジネスの世界でも、良いアイディアを生み出すためにはヒラメキとかも大事でしょうし、頑張るためには深くからこみ上げてくるようなエネルギーも大事だと思います。さらに人物として発する雰囲気なんかもありますし、そういうことは全て、スピリチュアルととても関係が深いんですよね。

最近では、シリコンバレーでも瞑想が実践されてるようで、マインドフルネスブームも起きてるようですし、ビジネスがビジネス向けの心理学だけじゃなく、スピリチュアルなものまで重視してきてる流れはあるのかなと思います。

いずれ、優秀な人の多くが瞑想などのスピリチュアル的な修練を重ねることも当然のような時代になったら、ビジネス界も当然良い変化が期待できるかなとも思います。


 

余談

 

ここからは個人的な話しですが、Appleについては以前から評価していて、仕事道具としても当然にApple製品を使う形になって、その流れでこのブログもAppleブログみたいな感じでスタートしたんですけど、最初は文章を書くのも久しぶりだったり、利き腕も変わったことから昔と脳の感じも変わってたんで、ちょっと手こずったんですよね。

それでも、昔に比べたら大分言語化や文章化にも慣れてきましたし、ビジネスというものに関しても、昔よりも大分慣れてきたみたいな流れもあったんですが、その自分が経験してきた流れは、この「世界最強の商人」の最後で自分が泣いた箇所ともモロに繋がってるんだなということを、ここまで書いてきた今改めてしみじみと思いますね。涙が出てきた時は、条件反射で、理由まではよく分かってなかったですね。

最初この記事を書き始めた時は、ビジネスは消費者向けの心理学だよね、なんていう認識と、それでも人間だけを意識してる訳じゃないビジネス関係者もいるという話で、この本の紹介をするくらいの予定だったんで、ジョブズの話も書く予定になかったですし、その後自分のことについてもこういう内容を書く予定じゃなかったのに、書いてるうちに、色々気づくこともあって、こういう流れになったというのも、まぁいかにもスピリチュアルっぽいですよね。

 

自動書記とまでは言わないですけど。自動書記は、むしろアートの方で毎日やってますけど。

アートの場合は、そもそも自分で予測とかも一切しないで書いてるわけですが、文章の方も、書いてるうちに頭部辺りにエネルギー的な変化も感じつつ、当初の予定と内容が若干異なってくるという、いかにもスピ系っぽいことはあるんですよね。もちろんおかしなアホなことを書くつもりはないですけど。

 

この本で最後に自分が泣いた箇所の文章の重みも受け止めて、今後自分も文章の方もさらに精進して頑張って書いていこうと思いました。

当然にApple製品で。


 


Church 1168103 640
 

 

スピリチュアル系でも、固体的と空気的の違いはある


前々回は、スピリチュアルを信じない人には、かなり固体的な性質の人が多いということを書きましたが、

固体的な人と空気的な人(気的過敏体質)。スピリチュアルを信じないとか全否定するのは、やたら固体的な人に多い特徴だと思う件。 | Creative Arts Showers Blog

前回予告したように、今回は、スピリチュアルの世界の中でも、固体的か空気的かという違いは結構あるという話です。自分自身両方経験中みたいなものですので、この世的にはどちらも一長一短あるみたいな面もあるという話でもあります。


スピリチュアルに何らか関わってる人達の中でも結構な割合で、固体的な人います。ビジョンとか、具象的なものを重視するタイプも、割と「目に見える形」を重視してますよね。

クリスタルなんかも着けてる人結構いますよね。自分も、昔からセッションで利用したりもしてました。ですから、固体を扱うことがどうのという意味では一切ありません。クリスタルに関しては、ある意味ペットのような可愛さを感じながら扱っていました。

ただ、昔よく聞いた「高価な壷や墓を売る」とかも、まぁ固体的なものへのこだわりが強いということだとも思います、、、、、。


基本的に、一般論としても、目に見える形があると、分かりやすくて良いよね、とは思ったりもします。
ビジネス的に、分かりやすいということは大事な要素だと思うので、そういう意味でも、昔自分が空気的だった頃は羨ましく思ったこともありましたね。

ただちょっと注意が必要なのは、ともすると形ある分かり易いインパクトゆえに、本質から外れる危険性も、形ないものを繊細な感覚で常に追求してる場合よりもあるかなという点ですね。人間、4日くらい寝ないと、何か幻覚が見えたりするそうですけど、そういうケースは、普通にきちんと睡眠とった方が良いのではと思いますし。

この世の中にも、表向きの見た目だけは綺麗だったり言葉は魅力的だけど、嫌な感じのものもありますよね。詐欺なんてのは、表向きからいかにも美味しくない、怪しいとかだと成り立つ訳ないですし。

スピリチュアルの世界でも、そういう危険はあります。これは、スピリチュアルなことに仕事的に関わっててもという意味でですね。修行なんかでも、見えたものや聞こえたものに囚われるな、騙されるな、みたいな話もありますし。

ですから、形とか言葉よりもエネルギーの質の方が大事だと思ってます。現実世界でなら分かりやすく美味しい話にはむしろ騙されないと思っても、スピリチュアルな世界だと、むしろあっさり騙されることもありえます。

結局、見た目的な分かりやすさも商売的には大事な面もありつつも、詐欺的なことも考慮すると、それが持ってるエネルギーの方がより大事で、その空気みたいなエネルギーの質の良し悪しこそが、スピリチュアルの本質だとも思ってます。


スピリチュアルで一番大事なのはエネルギーの質。言葉やビジョンは二の次。そしてエネルギーは現実世界やビジネスでも影響があるという話。 | Creative Arts Showers Blog


 

一口にスピリチュアルと言っても領域の違いによる得手不得手はある

 

Sky background 1149610 640

ところで、スピリチュアル系で、固体的というか物質的な人は、見た目や言葉で分りやすいものを提供することは得意で、分かりやすさもあるので、それはメリットだと思います。
ただ、逆にわかりにくい深く微細なエネルギーワークとかはあまり得意ではないと思います。領域が違うんで、両方得意みたいなことはなかなか無いんですよね。

言葉では色々と、微細な、、とか、根源の、、とか言えるかもしれないですけど、実際には、見えない世界とか宇宙とかのスケールで言ったら、上には上が延々とあるみたいな現実で、そんなに上の方に繋がれてたら、この地上での普段の活動の内容とかも変わってくるのが現実です。

ちなみに、こちらは、元々かなり空気的で、深く微細な領域が得意だった半面、物資領域的な分りやすいことが苦手でした。その後段々と地上的になって固体的にもなるような努力も重ねて、利き腕利き脚まで変わるような根本的な変化を経て、両方の領域を経験していることから、そういう領域の違いはスピリチュアル業界の多くの人よりも、よく分かってる方かと思います。

以前自分がいた領域で空気的にいながら、一人で分かりやすい形でビジネスをバリバリやってます、なんてのはちょっとありえないかなと思います。


空気的な微細な領域と、固体的な領域というのは、かなり違いますから。ですから、昔の自分は、地上的というか固体的なことは、一緒に活動してた人に任せてましたし、お互いにそれぞれの違いを認識していました。
遠い上の方の希少なエネルギーに繋がることをこちらがやって、そのエネルギーを受け取って、下の方のことを相手が行うような役割分担のイメージでした。

Descent 917447 640

それが、今では、下のことも自分でやるような流れになって、両方の領域のエネルギー的な違いをとても体感してます。

上と下と言うと、上の方が良いように思えるかもしれませんが、実際は、上の方は大変です。この世とのエネルギーのギャップも大きく感じますし、上の方というのは、固体のように小さくまとまるエネルギーではないので、エネルギーも大きいため、その分の大変さがあります。

大きいエネルギーと小さいエネルギー。小さい方が楽。ただ、スピリチュアル的にはエネルギーの大きさの経験は意味もあったかなと振り返ってみる最近です。 | Creative Arts Showers Blog

上の方の仕事が得意な人というのは、基本的に聖地で暮らしてるのが似合うイメージですよね。

自分も、それこそ昔シャスタに住んでるヒーラーから高く評価されたり、ヒマラヤ系の瞑想系の人からスカウトされたようなものでしたし。

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。さらに遠隔専門で完全オリジナルのC.A.Sの遠隔ヒーリングの経緯や特徴について。 | Creative Arts Showers Blog

「根源の、、、」とか言葉で言うのは簡単なんですが、本当にエネルギー的に上の方に近づくということの大変さとか、その希少価値を本当に体現できてる人がどれだけいるかは、まぁ知りません。

言葉ではなんとでも言えるんですけどね。実際にどこまで微細で良質なエネルギーと繋がれるかは、また全然別問題ですし。それは、感じる人が感じれば、真偽は直ぐに分かるものだとも思います。

神界からの許可が出ないと繋がれないような領域もあって、それは、お金を払えば、、、みたいな領域では当然にないですから、〇〇協会認定とか全然関係ないのが現実ですね。

 

スピリチュアルとビジネス


Coffee shop 1209863 640

上の方の希少なエネルギー的な仕事というのは、性質としてあまりこの世の商売と縁がないと思います。

物質は古来から商売とかとも縁が強いでしょうが、空気みたいな見えないエネルギーのものって、商売と親和性低いですよね。

また、基本的に空気的な敏感な人からすると、俗世のビジネスの世界というのも、そんなにクリーンなエネルギーの訳がない、みたいな面もありますし。

空気を良くするみたいな面では、ボランティアの世界の方が親和性ありますね。
地域によっては、今でも、無償みたいな形で、シャーマンみたいな人や聖者と言われる人が、ヒーリングみたいなことをしてるようです。彼らが、ビジネスマンの素質あるかと言ったら、おそらくあまり無いですよね、、、、、。
ボランティアの素質はあるかと言ったら、それはとてもあるでしょうと思いますが、その分逆にビジネス的な素質はないとも言えるかもしれません。


逆に、固体的なスピ系って、人の心を読んだりするのは得意な人多くて、そういう意味でも、商売上手な素質もある人も多い印象でしたね。人の心って固体である身体とも連動していますから、空気よりは、固体である身体に近いイメージあるかと思います。

基本的にスピリチュアル業界自体、サイキッカー系とか、心の領域をメインに扱ってる人が多い印象もあります。

ただ、スピリチュアルとサイキックがイコールなわけではなく、サイキックが全てでもないというのもまた現実だとも思ってます。

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。 | Creative Arts Showers Blog

 

第6チャクラと第7チャクラの違いのお話。神官系とサイキッカーや霊能者の違い。 | Creative Arts Showers Blog

 

 

 

 

■固体的な方がビジネス向きという現実

 

Mount shasta 1597721 640

自分は、元々は、空気的なタイプで、その頃は、やはりビジネスとの親和性低くて、ボランティアの方がよほど向いてるタイプでした。
ビジネス界もそもそもちょっとキモい、、、という感じで、「半沢直樹」とか分かる、、、という感じでしたね、、、、、。

産まれつきそんな体質だったのに、空気が良いイメージの全くないような東京で生まれ育ってしまい、物質的でもないからか、あまり楽しいと思わなかったんですよね。空気の良い場所の方がよほど憧れがありました。
空気的な人間が空気の悪い東京で産まれ育ったわけですから、へとへとにもなったわけですが、その頃から呼吸法を行ったり気の良い神社に毎日のように通ってて、それをきっかけに、今の活動が始まりもしました。

活動が始まってからは、さらに生来の空気的な体質から、より遠くの希少なエネルギーに繋がる方の活動が始まって、これまた大変でもあって、その頃はビジネスなんていう言葉と縁遠かったので、今にして思うと、随分安い値段で、かなり希少なセッションをしてたなと思ったりもしてます、、、。

その後、上を向いてたベクトルが真逆の下に向かうことになり、その過程の方がさらに大変だったんですけども、努力の甲斐あって最近は、自分も小さく固体的にもなって楽になってきました。

大きいエネルギーと小さいエネルギー。小さい方が楽。ただ、スピリチュアル的にはエネルギーの大きさの経験は意味もあったかなと振り返ってみる最近です。 | Creative Arts Showers Blog


それにつれて、ビジネス系の話も自然と分かる感じになりました。まぁ、この資本主義社会もビジネスの世界も完璧ではないでしょうし、色々なビジネスの関係者がいるわけで、「半沢直樹」に代表されるように、ある程度キモい面もあるとは思いますが、しかしまともにやってるとこもあるなということで、まともなビジネス系への興味なんかも強まってはいます。Apple好きでもありますし。

最近では、昔なら考えられなかったことですが、結構趣味的にビジネス本を読んだり、無料のビジネス系の動画を流しながらアートを描いてたりするくらいです。自分の場合は、エネルギーワークを行うためにアートを描いてるんですけど、耳は全然使ってないんで、空いてるんですよね。

一昨年くらいまでは、自分に対するワークも自分の好転反応的にしんどくて、とてもビジネス系の動画とか流しながら、なんてできませんでしたけどね。

筋トレみたいなしんどさで描くアート | Creative Arts Showers Blog


上に書いたように、ビジネスとか資本主義の世界も完全ではないと思いますが、それでも、変なブラックな世界に比べたら、商売活動なんて平和な方だよね、って感じです。なんか、こちらが過去に対処させられてきたことに比べると、平和だよねと。

スピリチュアルの世界でも、ブラックとか悪魔という概念は当然にありますから、ブラックではないビジネスなら全然マシだなと思ってます。

売れないとかいう悩みは、暴力の被害よりも、全然軽いと思いますしね。まぁブラック企業とかになるとやはり話は別ですけど。


お金への嫌な感じも、昔に比べたら無くなりましたね。結構、沢山お金に関するセッションとかもして、解消したんですけども。


ただ、超固体系の人の中には、最初から凄いお金への意識が強い人も多いですよね。お金で物質が沢山手に入るわけですし。そういう人の中で、たまに本人が発してる空気というかエネルギーも凄い嫌な感じの人もいるなとは感じますね。
もちろん、性格の良いお金持ちもいますから、単にお金がニュートラルにその人の心を増幅して映し出す働きがあるということだとは思いますけど。

神と金と人間と猿。金に浄化力までは無く、ニュートラルという話。 | Creative Arts Showers Blog


まぁ、基本的に霊性と商人性とかって、あまり関係ないと思うんですよね。

商売上手だからって、霊性が上がるわけでもなく、むしろ変になる人もいるでしょうし、いかにも霊性高くないし高める気も欠片もないよねって人が金持ちなケースもありますし。

資本主義とかビジネスの不完全性も、そんなとこにも現れてるかなと思いますけどね。極論すると、スピリチュアル的な要素ゼロとかマイナスでも、人間の心を動かせれば、金は動くわけですからね。

ただ、ビジネスの世界でもそんな風に割り切らない世界もあるということを次回は書きたいなと思います。


 


Sunset meditation 691848 1280

 

固体と空気的なエネルギーの関係性


前回、固体的な人と空気的な人みたいな記事を書きましたけど、

固体的な人と空気的な人(気的過敏体質)。スピリチュアルを信じないとか全否定するのは、やたら固体的な人に多い特徴だと思う件。 | Creative Arts Showers Blog


最近は、準静電界という人体が発してるエネルギーに関する研究も進んでるようですし、

準静電界〜人とか物とかが発してるとされる電気の話〜 | Creative Arts Showers Blog


脳だって、電気信号をやりとりしてることくらいは、有名な話かなと思います。

脳の構造 | BSI Youth

そういう意味で、固体である人体と見えない空気的な電気的なもの(エネルギー)って無縁じゃないんですよね。

脳に電気的な刺激を送って、脳に影響を与えるようなことも世の中で試されてるんじゃないかなと思って、検索したら、やはりありましたね。

脳卒中やうつ病に電気刺激、芸術家やアスリートの能力まで引き伸ばせる可能性を指摘|welq [ウェルク]

 

エネルギーの敏感さや影響の受けやすさに違いはある

 

Brain 850396 640

エネルギーの変化によって、利き腕まで変わった自分の経験上は、かなり微細なエネルギーによっても、人体は影響を受けますね。そこいら辺は体質的な差というか、やはりその人のエネルギーの差みたいなものだとも感じてます。

自分自身、最近は固体っぽいエネルギーにもなってますけど、そうなるために何をしてきたか?と言ったら、岩を食べたとかじゃないわけですよね。やはりエネルギーワークを続けてきたわけです。

要するに、エネルギーワークによって、エネルギーを小さくするように努めてきた結果、固体っぽくなってるんですね。

それで、昔より楽になってきたなと思いますし、

大きいエネルギーと小さいエネルギー。小さい方が楽。ただ、スピリチュアル的にはエネルギーの大きさの経験は意味もあったかなと振り返ってみる最近です。 | Creative Arts Showers Blog

利き腕の変化とか、性格的な面の変化とか、食事の好みの変化とかも経験してます。

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、美容、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、ひらめき、信仰等、広範に関係・影響あり。 | Creative Arts Showers Blog


 

自分も、最近は、固体的っぽくもなってるんで、なんとなくわかるんですけど、固体的な人が考えることは、微細な領域と言っても、顕微鏡で見えるレベルの話で、それよりも細かいエネルギーの世界もあって、それが人体にも影響をしているなんてことは、あまりピンと来ないのかなと。

逆に、過去の自分の経験上、空気的な人からすると、空気的なエネルギーから自然と感じるものとか多いですし、固体としての誰かの人体が、なんか嫌なもの発してるな、とかそういうことにも敏感ですよね。

だから、空気的な良いエネルギーを受けると、自分の人体にも良い影響あることも感覚的に分かるというか。感覚的に分かるし、さらにエネルギーの影響が、見た目に出る人も多いですよね。

自分なんかも、元々かなりそういうタイプで、ですから、生まれて初めてパソコンを触った時に、知り合い全員から指摘されるくらいに顔色も悪くなったわけです。なんか顔色を悪くさせるようなエネルギーを、パソコンが発してたわけですよね。インターネットで世界とも繋がってますし。で、それをモロに受け取ったと。


逆に、気の良い神社にでもいけば、心身に良い影響があって、良い意味で受け取るものも多かったですね。
神社のご神気とかにも敏感です。

固体的な人は、割と自我も強くて、その分防御力も強いような気質だと思いますし、反対に空気的な人は、自我が希薄で、空気に敏感ですし、空気的なエネルギーの影響なんかも受けやすいと言えると思います。

で、固体的な人の中でもさらに頑固なのか頭が硬いのか、あるいは頭が良すぎると自負してるような人に、スピリチュアルとか一切認めないというタイプが多いよね、という話を前回書いた次第です。

固体的な人と空気的な人(気的過敏体質)。スピリチュアルを信じないとか全否定するのは、やたら固体的な人に多い特徴だと思う件。 | Creative Arts Showers Blog

 

一切影響受けないというのも無理


Jinja 646179 640  1

ただ、上に書いたような、影響の受けやすさとかの個人差もありますけど、多くの場合、長い目で見れば、普通は本人も気づかないレベルで、しかし確実に影響を受けている、というのが本当のところではないかなと思ったりもします。

固体的な人だからといって、一切空気的なエネルギーの影響を受けないかといったら、そんなことはないとも思います。


以前、スピリチュアルな集まりに妹さんの代役で来て、「そういうの一切信じない」と言ってた人が、ワークが始まったら、一人だけ、終始ずっと、ものすごい咳き込んだりしてたことありましたけど、一切信じなくても、起こることは起こるわけです。

その咳というのは、浄化反応で、本人は止めることもできなかったわけです。

ですから、分からなくても信じなくても、見えないエネルギーの影響は受けてるわけですよね。

だとしたら、本当は、誰にとっても、良い空気的なエネルギーからの良い影響を受けた方が、固体である身体にも良い影響あると思うんですよね。


ヒーリングとかは、要するに、良いエネルギーを受けて、心身に良い影響を期待するというもので、そんなに難しい話ではないかなと思うんですけどね。

難しいのは、その良いエネルギーというのとの繋がりを持ったり、維持することと、実際にヒーリングをする側では自分のケアみたいなことで、大変な面もあるんですが、

(遠隔でも)ヒーリングは結構大変で、負担もあるし、危険もある世界だという話。 | Creative Arts Showers Blog



次回は、スピリチュアル系の中でも、固体系、空気系みたいな違いはあるよね、というお話をしたいと思います。

 


Balloon 1522431 640

 

固体的な人と空気的な人


この数年、大きなエネルギー的変化を体感しています。

簡単に言うと、過去にかなり空気的なエネルギーだった自分が、過去は上に向いていたベクトルを正反対の下の方向に変えて、エネルギーの小ささと重さを日々増していくための変容の日々を経て、固体的なエネルギーにもなってきて、その変化を着実に体感してきたというわけです。


そんな経緯から、エネルギー的に小さく重くエネルギーが集まってる固体的な人と、そこまでエネルギーが自分に集まっていないホワッとした空気的な人がいることが、自分のように真逆のベクトルの変化を体感してない人達よりも、リアルな感覚を持って分かってるとは言えるかなと思ってます。

で、そもそもほとんどの人達が、固体的なエネルギーだと感じます。東京だから尚更なのかもしれませんが、日々多くの人達を目にして、やはりそう感じます。ある意味、こちらがこの数年、超苦労して獲得してきてるような固体的なエネルギーに、ほぼ生れつきの体質として、生まれ育ってる印象なんですよね。ちょっと羨ましい面もかなりあります。

Kid 1241817 640

多くの子供が小さい頃って、凄い活発だったり、レストランとかでも泣き喚いちゃったりしますけど、自分のような空気的なエネルギーの気的過敏体質と言われる人達って、子供の頃大人しいという特徴があるそうです。

自分も、凄い小さい赤子みたいな頃から親もレストランとか連れて行っても、大人しかったらしいです。小さすぎて記憶にもないですけど、泣きわめく系ではなかったそうですね。

ちなみに、気的過敏体質とは大まかに言うと以下のような特徴があるようです。昔の自分はかなり当てはまってましたね。自己が希薄な感じは凄いありました。

気的過敏体質

 

”「障害」を持っているようにも見えず、幼児でもないが、共鳴力の高い人たちというのがある。「障害」児や幼児がそうであるように、“自己”が希薄で「存在」を照らす鏡のような存在であり、無欲で透明感が高く、存在感は薄い。別に何の標識を持つわけではないので、誰にも存在価値を認められない場合も多く、気的に果たしている役割が大きいのに、それは目に見えないので、無理解にさらされやすい。

そういう人たちを気的過敏(共鳴)体質と呼んでいるが、誰でも程度の差はあるが、そういう傾向は持っている。ただ自己の“存在感”を重視する近代社会にあっては、そういう傾向は押し殺されてきたといってよいわけで、そういう傾向を“価値”として認めにくいので、自己の中にそれが見えない人もいるし、認めたがらない人もいる。”

 

 

特徴も沢山列挙されてるのですが、自分の場合は、


 

"とくに幼児期は親からみて、おとなしくて手がかからない子どもである
持久力がない(疲れやすい)
エネルギーの集中が持続せず発散しやすい

 

努力が実らない(達成感が薄い)。努力したことほどうまくいかない
思いがけないことがうまくゆく(期待していたことやモノは忘れた頃やってくる)

 

知らない人に声をかけられやすい

若く(幼く)見られやすい(ただし、思春期には落ちついているように見えやすく、年長に見られやすい)"

 

なんていう特性は特にありましたね。

ですから、生まれつきかなり性質の違いってあるようです。
 

固体的なエネルギーの方が楽

 

Rock 403773 640

 

 

そんなこちらも、この数年、日々、ある意味普通の人の感覚にも近づいてるんですよね。そして、その分、過去に比べて体感的にも明らかに楽にもなってきてます。

普通、昔の自分みたいに、初めてパソコン使って、いきなり周りに驚かれるくらいに顔色悪くなったりしないですもんね。親族というか親戚も含めてほぼ全員違います。

そういう意味で、固体的か空気的かというのは、肉体的な遺伝というよりは、エネルギー的な性質の違いだと思います。

昔の自分の方が今よりも全然大変でした。下の記事にも書きましたけども。

大きいエネルギーと小さいエネルギー。小さい方が楽。ただ、スピリチュアル的にはエネルギーの大きさの経験は意味もあったかなと振り返ってみる最近です。 | Creative Arts Showers Blog


 

”これは、自分の実体験として分かるんですが、大きいエネルギー だった過去はとても大変で、そこから利き腕まで変わって小さいエネルギーになって地上的になって物質的にもなるにつれ、「あぁ以前よりも楽だなぁ」と年々強く実感してきました。

エネルギーが身体に集まるので、身体もよく動くようになりますし、エネルギーが小さいので受ける負担も少ないです。

これは、実際に大きいエネルギーを体験して比較してみないと分からない話ですが。

基本的に、この世的には、自分を貫いてる人って強いイメージありますよね。

でも、そういう人って、むしろエネルギー的には小さいことが多いんですよね。

エネルギーが小さくまとまって、物質的だから、頑固なまでに自分を貫きやすい、という面があります。”

 


過去の苦労は何だったんだって話もありながら、何とかより普通っぽく固体っぽくなってきた今でも、以前からのセッションとかはできますし、以前に戻ることも簡単にできるわけですけど、そういう素養に加えて、最近では、スピリチュアルとか「分からない」という人の感覚も以前よりも分かるようにもなってきてます。
 

固体的で、目に見えるものが全てな人

 

City 647400 640

そもそも空気的な少数派として理解されずに迫害を受けてきた可能性の高い側のこちらが、さらに、今頃になって、自分のような人のことが分からないという人の気持ちまで分かるようになって、何が美味しいのかという話でもありますが。

まぁおそらく、スピ的なことが、一切分からないという人達の多くが、生来かなり身体にエネルギーが集まって、固体的なエネルギーで、「目に見える物質が全て」みたいな感覚なんだと思うんですよね。戦後日本の高度経済成長の時代を、物質主義的に生きていた中高年には特に多い感じもします。

もちろん、この世の中、目に見える物質が全てかというと、科学的にもそんなわけはなくて、この空間には色々な種類の電波も飛んでることは明らかで、最近ではノーベル賞で話題になったニュートリノや、重力波みたいな、生活とはあまり関係なさそうな超微細なエネルギーの存在についても話題になってますよね。

ただ、まぁ、そういうこと全然興味なくても生きていけるし、目に見える身体が全てで、身体が死んだら終わりでしょ、魂なにそれ?という人達の感覚も以前よりもよく分かるようになってきてました。
たまに、スピリチュアルを否定するために、科学を持ち出すインテリもどきもいますが、さすがに、文系にそれをやられると、むしろ、、、?とは思います。

ただ、頭の質はともかく、その超固体性と時代背景から、やたらと目に見える物質が全てみたいな気持ちになるのも、以前よりは分かるかなと。


以前は、こちらは生来の体質的にも、そういう目に見えないエネルギーの影響を受けて、辛い思いもしてたんで、エネルギー的なことが分からないという感覚が分からない、みたいな面もありました。まぁ基本的に、この世は天国じゃないんで、敏感な方が生きづらいですよね。鈍感力なんていう本も出てましたし。
 

”ところで、無神論者とかも世の中にはいて、だいたい科学的思考を基に、そういう思想になってる印象ですけど、実はヨーロッパでは元々、、、

”神さまが世界を創ったのなら、そこには美しい法則があるに違いない。この法則を明らかにしようとする試みが、科学につながっていったのです。”

とのことです。


有名なニュートンも、神の存在証明、ということにも挑戦してたそうですしね。”

 

偉大な科学者が、偉大なスピリチュアリストだったという事実もありますからね。

 


東大病院の矢作 直樹氏の著書「人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索」を読みました。 | Creative Arts Showers Blog


 

”欧米において近代スピリチュアリズムを主導したのは、後述するスウェーデンボルグをはじめ、ノーベル賞科学者を含む当代第一級の自然科学者達だったという事実には興味深いものがあります”



頭的にスピリチュアルを否定してる人は、頭の問題で言うならば、スピリチュアルとも関係あると言われる量子力学などの最先端の科学を追求するくらいに頭が良いというよりは、エネルギーが固体的過ぎて、興味ないものは一切受け付けないくらいに頭が固いという性格的な特性の方を感じますね。

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
follow us in feedly

Profile

Link

persimage 8 のコヒ?ー.jpg


お勧め記事

《幸福度調査1位》幸せ大国デンマークの幸せの素「ヒュッゲ」を日本での生活でも増やしていきたいという話。 (2014.08.27)

才能とか素質とか天才性は、結局どれだけその分野について努力できるかがかなり重要な判断基準だと思った件。 (2015/10/12)

現実的な成功法則とスピリチュアルの関係。引き寄せの法則の信憑性についても。 (2016/06/12)

瞑想の効果の科学的な検証が進み、「マインドフルネス革命」の兆しが現れてるとのこと。企業にも、教育にも、社会にも良い効果があると思います(2015/11/1)7)

人間にとっての「静かな」方のエネルギー(ハワイで言えばマナ)の重要性について (2015/06.04)

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 (2014.08.30)

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 (2014.12.04)

Appleのジョナサンアイブのエリートな凄さが良く分かる本「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」読みました。(2015.01.13 )

ブログ第三章に突入中。やはりMacでブログ書くなら超有名ブログエディタアプリMarsEditは必須だなと振り返るこの半年。(2015/02/17)

Airmail2.0  Macの優良メールアプリがYosemite対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。細かい変更点では最初戸惑った点も。 (2014/10/27)

役者さんが語る空気(エネルギー)(2014/06/18)

準静電界ー人とか物とかが発してるとされる電気の話ー (2014.10.14)

「エネルギーバンパイア」で検索したら特徴とか対策とかの記事が凄い数出てくる件。 (2015/01/09)

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、信仰等、広範に関係・影響。(2015/09/14)

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。 (2015/04/21)

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。(2016/01/07)

《レビュー》WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX01 実速度大幅アップ。5GHz帯を利用できる点が評価高し。(2015/03/20)

Selected Entry

muumuu-domain

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

お名前.com

jugem+

グーペ

プチ・ホームページ

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Archive

Comment

  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    watarai
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    mona

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM