Office 620817 640
 

大事なのはエネルギー管理


先週「メンタル・タフネス 成功と幸せのための4つのエネルギー管理術」という本を読んだんですが、この本はなかなか良かったです。
 

要するにこの本が良いたいことは、「エネルギー管理の重要性」だと思います。

 

”パフォーマンス、健康、幸福を支えているのは、巧みなエネルギー管理である”

この本では、至るところに名文が沢山出てきて、「良いこと言うよねぇ」という言葉が散りばめられてました。当然全ては紹介しきれないですが、一部引用しつつ、ご紹介していきたいと思います。

 

”私たちはデジタル社会に生きている。次から次へと押し寄せる仕事の波のなかで、寸断される毎日。熟慮することより、浅く、広く、すばやくが歓迎される風潮。私たちは表面だけをなぞり、いろんなものに首を突っ込むが、一つのところに長くとどまることはめったにない。本当はどんな生き方をしたいのか、どこへ行きたいのかを立ち止まって考えることもなく、一生走り続ける。身動きのとれない毎日のなかで、私たちは自分を見失いつつある”

 

著者は、プロスポーツ選手のパフォーマンスについて研究してきた人で、最初はテニス界の選手を指導していたようです。少しでもテニスについて知ってる人からすれば、指導してきた選手達は、錚々たる顔ぶれです。ピ ート ・サンプラス 、マルチナ・ナブラチロワ、ジム ・ク ーリエ 、アランチャ ・サンチェス ・ビカリオ 、トム &ティム ・ガリクソン 、セルゲイ ・ブルゲラ 、ガブリエラ ・サバティ ーニ 、モニカ ・セレス。

この中には、彼の指導を受けた後に初めて4大大会での優勝を飾った選手もいたそうです。


その後、他のスポーツ選手の指導も行ったそうで、プロゴルファ ーのマ ーク ・オメ ーラ 、ア ーニ ー ・エルス 、アイスホッケ ー選手のエリック ・リンドロス 、マイク ・リクタ ー 、ボクシングのレイ ・マンシ ーニ 、バスケットボ ールのニック ・アンダ ーソン 、グラント ・ヒル 、スピ ードスケ ートのダン ・ジャンセンという名前が並びます。

さらに、スポーツ界での実績から、ビジネス界等でも請われて幅広く指導するようになった経験を元に、現代人にとっての4つのエネルギー管理の重要性を説いています。

その4つのエネルギーとは、肉体、情動(感情とか心)、頭脳、精神(自我を超えたもの)です。


そして、著者が4つ全ての要素について、共通して重視しているのは、「筋トレ」の発想です。
 

”エネルギ ーの貯蔵量を増やすには 、トップアスリ ートのようにトレ ーニングのなかで自分の限界を超えて頑張ることを体験する必要がある 。ストレスは人生の敵ではない 。むしろ 、成長の鍵である 。”
”ストレスがかかるのは、そのあとに適切な回復の機会をもつかぎり、成長できるチャンスなのである。  ニーチェが言ったように「人を殺さない程度の不幸が、人をより強くする」”


著者は、あらゆる面のエネルギーを大きくするには、「適切な負荷」と、その後の「回復(休息)」の両方が必要だと、この本全般で強調しています。

 

”私たちの人生のあらゆる面における「筋肉」──共感能力や忍耐力、集中力、創造性、誠実さ、責任感など──の増強にも応用できる。”

負荷がなさすぎて、そのエネルギーを使わなすぎると退化して衰えていくし、逆に負荷が大きすぎると怪我をしてしまう。肉体、情動、頭脳、精神のどのエネルギーも、適切な負荷をかけて、その後に回復して、、、、という「短距離走の繰り返し」で、徐々にエネルギーを大きくしていこうという発想です。そして、目指す姿は、「フル・エンゲージメント」という状態です。その状態になると、

 

”肉体にエネルギーが満ち、情動は前向きで、頭脳は正しい方向に焦点を合わせ、精神は目の前の私利私欲を超えた深い目標を見据えている”

という状態になり、公私における成功と幸せが手に入るというわけです。

しかし、

”テクノロジーの飛躍的な進歩によって、私たちの生活はもっとゆとりのあるものになるはずだったが、現実には私たちはいよいよ追いつめられている”

という現代的な状況下で、多くの人が頭脳と情動面ではオーバーワーク気味で、 肉体と精神面ではエネルギーの使用が足りない状態だと著者は指摘します。この本では、公私いずれかでバランスを欠いて問題を抱えてる人達の問題と、その問題を解決していくためになされた工夫が記述されています。
 

肉体、頭脳、情動面

 

Agenda 1355316 640

現代人がオーバーワーク的な頭脳と情動面については、著者は休息の重要性を強調しています。まず、頭脳面については、休息が足りないことで、頭脳面でもかえって効率が下がったり、ミスが生まれたりすることは統計上も明らかのようですし、レオナルドダビンチなどの過去の偉大な人は、日中の休息の重要性を知っていて、意識的に休息をとっていたことも彼らの残した言葉から明らかなようです。

ずっとうつむいて長時間作業してると偉いと思われるような傾向のある現代において、あえて、休息を取ることで回復を図る方が、かえって効率も上がるということです。

その他にも、創造のプロセスというものが、左脳と右脳の協働、負荷と休息というバランスによってもたらされている等の指摘もあります。

Girls happy 407685 640

 

さらに情動(感情とか心)面についても、成功のためにもとても重視しています。

 

”最高のパフォーマンスをするには、ポジティブで快適な気持ち──楽しむ気持ち、挑戦する気持ち、冒険する気持ち、よい機会だと思う気持ち──が呼び起こされていなくてはならない。脅かされたり不利な立場に立たされたときに呼び起こされる感情──恐怖、イライラ、怒り、悲しみ──は、特定のストレスホルモン(特に知られているのはコルチゾール)の放出をうながし、パフォーマンスの出来を損なう。”

情動面に関しての回復については、自分にとって楽しんでできる活動を行うことをとても重視しています。

 

”楽しんでできる、前向きで充実した活動は、ポジティブな情動を刺激する原動力となる。”

また、情動に関しては、一方的過ぎない奥行きも重視しています。

 

”ある人の情動の奥行きを一番よく表すのは、相反する感情を受け入れる引き出しをどれだけ持っているかということだろう。 (中略)自制心と自由奔放さ、正直さと相手に共感する気持ち、開放性と慎重さ、情熱的な気持ちと他人事のように思う気持ち、耐える気持ちとイライラする気持ち、注意深さと大胆さ、自信と謙虚さなどである”



Fruit 2305192 640

 

肉体面に関しては、睡眠、食事、運動を重視しています。詳しい記述まではとてもフォロー書ききれませんが、

以下の記述のように、運動の必要性を重視しつつも、

”つまり、ストレスを少なくしたり避けたりするのは、回復の機会を持たずにストレスを受けすぎるのと同じくらいよくないことなのである。(中略)医学的にどんな状態にあっても、ベッドで寝ている期間が長いことは、患者にとって特にメリットがないことがわかった。むしろベッドで寝ていると回復が遅れる傾向があり、場合によってはかえって状態を悪化させることもあった。これは、ベッドでの安静が長く勧められてきた病気、たとえば腰痛や心臓発作からの回復期、急性伝染性肝炎などの場合にも当てはまった。”

その上で、以下の記述のように、休息の必要性も説いてる点が、極めてこの著者らしいです。

”NASAの疲労対策プログラムでは、たった四〇分間の仮眠でパフォーマンスが平均三四%、覚醒度は一〇〇%アップしたという結果が出ている。ハーバード大学では、一日を通してある一連の作業をおこない、その成績を比較する研究をおこなった。すると、成績が五〇%も落ちてきた被験者たちを対象に、午後早くに一時間の昼寝をさせたら、一番高い成績レベルまで完全に回復したのである。 ” 

要するに、適切な負荷をかけつつ、休息もきちんと取ろう、という理論です。

休むことを嫌がるクライアントに対しては、超一流の成績を残してるスポーツ選手は、そうでない選手よりも、明確にプレーとプレーの間に短時間で休息・回復の時間を取っているというデータを示すと効果があったようです。

 

精神面

 

Sunset 691848 640

さらに、この本が素晴らしいなと思ったのが、「精神」面の重要性を強調してる点なんですね。

最初この本で、情動と精神という記述が出てきたときは、どう違うのかよく分からなかったのですが、「精神」の記述を見たらよく分かりました。ここでいう精神というのは、自我を超えたものを指していてて、例えば利他的な精神や、宗教的な瞑想等の効果を挙げています。これは、ある意味自分がとても体験してきた領域の話ですからよく分かります。

「情動」というのが個人的な感情的な面が強いものなのに対し、「精神」というのは自我を超えたもっと深く広いもので、それこそスピリチュアルとかなり近いものという区別なわけですね。以下の記述もその違いをとてもよく記していると思います。

 

”人生は私たちに何を期待しているのか  精神面の許容量を増やすには、私利私欲を超えた何かのために自分をある程度犠牲にすることが必要となる。私たちはたいてい自分優先で物事を考えているので、自分から目を離そうとすると、「自分の存在自体が危うくなるのではないか」という強い不安を覚えることもある。(中略)皮肉なことに、自分のことばかりにかまけていると、そのうちエネルギー切れをおこし、うまく実力を発揮できなくなってしまう。自分のことで頭がいっぱいであればあるほど、積極的な行動を起こすために必要なエネルギーが涸渇するのである”


利他の精神や信仰心という、個人の打算や思惑を超えたエネルギー源があることは、スピリチュアルの基本でもあるかと思います。そして、そのエネルギー源が、時に自我よりもエネルギーとして強いということも著者は重視していますし、自分もそう思います。
 

 

”成長や発達は、肉体から情動、そして頭脳から精神へという、下から上へのプロセスをたどるが、変化は逆のプロセスで、精神から波及していく。自分が一番大切だと思う価値基準を思い、私利私欲を超えた使命感を感じるときに得られる精神のエネルギーが、目標に向かって進むときの非常に強い力となる。目標があれば進むべき方向も決まる。その目標をめざしてどこにエネルギーを注ぎ込めばいいかもはっきりする。だからこそ「フル・エンゲージメント」の状態になれるのだ。目標は人を元気にさせる。背中を押してくれる。勇気づけてくれる”

 

また、「精神」的な消費と回復の取り組みに関しては、特筆すべき特徴もあることも指摘されています。

 

”精神面のエネルギーの消費と回復は、他のどの面よりも互いに深く関連しており、同時に起こる傾向がある。たとえば瞑想は、心を静めるために高度な集中力を必要とするが、心が広く解き放たれ、人生において何に価値があるのかを深く思いめぐらすことでき、ときに喜びさえ感じられる回復の時間でもある。ヨガと同じく、瞑想はあらゆる面に影響を与え、精神面のエネルギー量を大きくする作用があると同時に、頭脳面と情動面の回復にもなる実践である。  同じように、祈りも集中と黙想の努力を必要とする一方、情動と精神を癒す効果がある。”

 

まさに最近その効果が注目されてるマインドフルネスの有効性に関する記述のようでもあります。

 

 

具体的な行動

 

Goal 1955252 640

実際に変化を起こしていくためには、まず目標を設定し、きちんと自分自身を見つめることを重視しています。

 

”目標は、次の三つの変化を起こすとき、エネルギーの源泉としてより力強く、ねばり強く私たちの生活を支えてくれるようになる。一つめは、目標の生まれた理由がネガティブなものからポジティブなものへと変化するとき。二つめは、目標が付帯的なものから本質的なものへと変化するとき。三つめは、目標が自分に対するものから他者に対するものへと変化するときである”
”精神科医エドワード・ウィトモントは次のように述べている。「人は自分が『こうありたい』と思う自分や『たぶんこうじゃないか』とひいき目に解釈している自分ではなく、本当の自分の姿を見てショックを受けたとき、初めて真実の自分に近づく第一歩を踏み出すことができる”

 


Stone circle 654777 640

 

さらに、具体的な変化のために、習慣的な儀式を重視しています。これも極めて現実的な判断ですよね。毎回、「よっこらせ。さて何やろうか。」という意思や思考の力を使っていたら、それだけで有限のエネルギーを消費してしまいますし、実際にそういう実験結果についても書かれています。


わざわざ意思や思考の力を使わないレベルにまで習慣化して、エネルギーを消費しない形で変化を実現しようということです。習慣化したら潜在意識レベルでの自然な行動にもなりますから、持続性も大いに期待でき、これもとても理にかなってると思います。
 

 

”ポジティブな儀式には、三つのメリットがある。第一は、自分の目標に向かっていくための効果的なエネルギー管理ができるように助けてくれること。第二は、人間のもつ限られた意志の強さに頼る必要性を減らしてくれること。第三は、自分が心のなかにもっている価値基準を実際の行動に反映させる強力な手段となることである。 ” 

 

儀式という言葉が使われてますが、実際には日々のちょっとした習慣で十分のようです。例えば、怒りが原因で失敗する人は、イライラしたら腹式呼吸をするとか、あえてちょっと微笑んでみるとか(笑いながら怒ることはできないから。)

ただ、過去の習慣と異なることを簡単に直ぐには習慣化できないので、習慣化するための工夫も重視されています。

 

”なかでも重要なのは、儀式を定着させる時期である最初の三〇〜六〇日の間に、「いつ」「どのように」儀式をおこなうかという細かい部分をきっちりと詰めることだ”
”成長や変化は、自分にとって快適な領域を超えなくては望めない。しかし、あまり無理をすると途中でやめてしまうことになりかねない。それよりも徐々にハードルを高くして、各ステップごとに達成感を得て進んでいく方がいい。自信がつけば、もっと厳しい変化を求めていく忍耐力もできる。私たちはこれを「儀式の連続効果」と呼んでいる”

 

この本が一番重視している「エネルギー」という面では、こちらはさらに細かく、エネルギーバンパイア対策とか、その他色々なスピリチュアル的な要素もとても重視しているんですが、
 


 

明らかに生活の中でのアンバランスさ等が原因のケースに関しては、この本に書かれてることはかなり良い内容だなと思いました。

特に、精神のエネルギーを最重要視して、価値観を明確にし、そこから具体的現実的に日々の習慣的な儀式にまで落とし込んで、日常生活の中で、着実に変化を目指しているところが良いですね。

組織レベルでのエネルギーに関しても書かれており、組織のエネルギーに与える影響も大きいとされる管理職の人にもお勧めです。

 

 

JUGEMテーマ:No Music, No Life


Hearing sculpture 2275202 640

 

深夜に慌ててShazam発動



以前、深夜に西友でお買い物した食料品を袋詰めしてる時に、店内で流れてる音楽にふと反応しました。

流れてた曲が好みというよりは、このボーカル良いな、、、、と思って、すかさずShazam(流れてる音楽を聴き取って、その曲の情報を教えてくれるアプリ)を発動したわけです。外で咄嗟にShazmを発動したことって、実はそんなにないんですけど、この時はさすがに深夜の西友で音楽のプレイリストが一巡する次の回まで突っ立って待ってる訳にはいかないので、ちょっと焦った記憶はあります。


で、割と焦ってiPhoneを取り出して、Shazamることに成功した訳ですね。 マイShazamの履歴から調べてみたら、2016年の5月30日のことでした。ちょうど1年くらい前ですね。季節の変わり目は何があるかわからないですね。当時Shazamったのがこちらです。

IMG 7254

とりあえず、気になったボーカルをShazamることに成功したんで、色々と気になって、当然にミュージシャンの名前からググるわけですよね。

そしたら、この曲に行き着いて、あぁなるほど(?)みたいな。


 



さすがに、この曲は知ってました。Shazamった方の曲は知らなかったんですけども。。。
 

”1999年にシングル「Kiss Me」をリリースして、一躍全米の脚光を浴びた。グラミー賞にノミネートされ、カナダやイギリスや日本やオーストラリアやイスラエルなど10カ国で放送回数第一位を記録(日本では「Kiss Me」の日本語版もリリースした)”

シックスペンス・ノン・ザ・リッチャー - Wikipedia
 


それで、さらにシックスペンス・ノン・ザ・リッチャーの曲を聴いてみたら、他にも聴いたことある曲がありました。

 

他にもチラッと聴いてみた感じで、このスローテンポな曲も良いなと思いました。


 


まぁ、西友って素晴らしいよね、っていう話なんですけども。

ちなみに西友が出してるレトルトのカレー結構美味しいです。。。。

 


 

過去にも一耳惚れした経験あり


まぁ私は全く音楽の専門家ではないんですが、自分も多少は耳ざといとこもあるかな?なんて思ってたりするんですよね。深夜に眠たいのに、西友でレトルトカレーとか袋に詰めながら、ふと知らない曲が流れてきて、このボーカル、、、、とか思って、慌ててShazamらない人もいるんじゃないかなと思いまして。

同じ時間帯に周りにほとんど客がいなかったので、他の人がどうなのかはよく知らないですけども。

西友から帰宅した後も当然その勢いで、深夜にシックスペンス・ナン・ザ・リッチャー ( Sixpence None the Richer)ググってたわけで。

そんな自分が、そのちょっと前にやはり、知らなかったんだけども、歌声が気に入ったボーカルについて書いた記事が下の記事です。
Jango Radioというアプリで、エンヤ関連から選曲されて流れてきたんだと思いますけど、違う曲が間隔を開けて2曲流れてて、どちらも歌声が良いなと確認したらリサ・ケリーという同一の女性でして。。。。

 



まぁ、この記事にも書きましたが、過去に荒川静香さんが金メダルを取った大会のエキシビジョンで使用した曲「You Raise Me Up」を歌ってたケルティック・ウーマンの、しかもサビの部分を担当してる中心的な存在だった女性で、そんな彼女のことを知らずにいたこと自体を若干謝罪しながら書いたんですけども。。。。


この数年あまりテレビも見てなくて、だいたい音楽とかの知識とか情報に関しては遅れてまして、紅白で歌われた曲を、2年後くらいに本格的に初めて聴いて、良いよねぇとか一人で騒いでるタイプです。。

それなのに、なぜか桑田佳祐氏のラジオは結構聴いてて、オススメされてた曲なんかも買ったことあるんですけども。あれだけ売れてるミュージシャンなのに、腰が低くて、他のミュージシャンへのリスペクトも凄くあって、毎回色々な曲をかけるんですよね。

 


まぁ、厳密には、しんどい時におっさんの下ネタとか聴きたくないな、と思ってスルーした夜も何度もあったんですけども、、、、しんどくない時は割と聴いてしまって、そのラジオ経由で初めて知った曲なんかもありました。

昨年だと、番組でスティービー・ワンダーの曲が流れて、それを聴いた時は、なんか今まで音楽からは体感した記憶のないような感覚を感じたんですが、桑田氏も「昔、凄すぎてよく分かんなかったんだよね。。。」と言ってたのが印象的でした。まぁ、天才ですよね。かなり前から世界的に超有名な人ですけど。


 

最近オススメの人 

 

Music 1874621 640


そんな、常にちょっと時代遅れでありつつも、深夜で一人慌ててShazamるような耳ざとさもちょっとはあるんでは、と思う自分が最近オススメのシンガーソングライターが澤木柚依さんです。

NoteというSNSで知り合ったんですが、最初に曲を聴いた時に、綺麗な歌声と歌声から人柄がにじみ出てる感じが良いなぁと思いまして、その後、アルバムの曲を試聴したら、全ての曲がそれぞれ違う感じで良い感じだったんで、直ぐさまiTunesでアルバムも購入しました。

基本的に最近は、何回も聴くであろうと思った曲は、iTunesで購入する習慣があって、購入すると実際に何回も聴くんですけども、澤木さんのアルバムは、今まで買った中でも、一番継続的に聴いてます。(U2は何年か前に勝手に入ってたアレで、削除も特にしてないだけです。)あと、Amazon プライムミュージックも利用してるんで、そちらでも色々お気に入りで聴いてる人はいます。

 



爽やかな曲から、ちょっとかっこイイ感じの曲から、ジンとくる曲から、それぞれ個性違う曲が良い感じで並んでて、飽きないんですよね。シャッフルとかしないでそのまま通して聴くのが良いと強く感じましたね。


 

買ってから数ヶ月ずっと飽きずに聴いてて、ご本人にも「飽きない美味しさですね。」と、イーストフードとか無添加な、実際に飽きない美味しさなパンの「超熟」のキャッチコピーをそのまま使って表現してました。西友でよく買ってますんで。。。。


音楽について表現する語彙に乏しいんで、〇〇を散りばめたようなとか、現代に舞い降りた〇〇とか、、、一切思いつきませんで。。。。むしろ、あまり飾らない感じの素の良さが良いなと。
素朴に綺麗な感じと真摯さや切なる(切ないじゃなくて)感じとが程よくミックスされてて、直ぐに思いついたのがパンの「超熟」だったんですけど。。。伝わりますかね?


なんか、後日チラッと住まわれてる環境が結構大自然系っぽい内容とチラッとその絶景なお写真見て、むしろあまり驚かなかったですね、笑。

そんな澤木さんが最近、新しいミニアルバムを出されて、早速購入して聴いたんですが、改めて、日本人は聴いた方が良いというか、NHKの「みんなのうた」とかにも是非流して欲しいミュージシャンだなと思いましたね。

 



現在、ご本人は2児の子育て中ということですし、NHKの朝ドラで、桑田佳祐御大の主題歌も流れてますし(良い意味で)。桑田佳祐御大の若かりし頃のやんちゃ過ぎる紅白の映像とか見たんですけど、あれも凄いですからね。。。。とんねるずより早く同じようなことやってたんだなと。。。ドリフにもスカウトされたらしいですし。苦情も結構あったらしいですけど、笑。

それに比べたら、全然真っ当にNHK路線っぽさがありつつ、バラエティに富んだ個性の違う良い感じの曲を作られる澤木さん凄いと思いますよ。

作曲方法は、エンヤと同じ感じで、自然と湧き上がってくるタイプらしいです。




HPはこちらです。


Note(SNS)はこちらです。


この記事なんかも、曲を聴いた後に知ったんですけど、歌声から感じた人柄が表れてますよね。やっぱNHKの「みんなのうた」でしょうと。


 




 




 




Amazon


170608 0005
 

タスク管理アプリ未経験


今までは、タスク管理アプリってあまり使ってなくて、Evernoteのリマインダー機能とリマインダーアプリの2Doを併用してました。厳密に期限を意識しないといけないものは、2Doにリマインダー設定して、そこまで期限を意識しないリストの方はEvernoteのノートを使うという感じで。

Evernoteの方は、プレミアムプランを使っているので、色々とEvernoteは愛用してます。

 



そんな最近、Things3というタスク管理アプリが出たんですが、当初「タスク管理アプリ」「6000円」その2文字だけで「要らないな」と思ってました。。。 ところが、ある日、なんかこのアプリが必要っぽい、、と感じ始めたんですよね。。。

そこで、まず色々と調べました。

タスク管理アプリというのは色々とありますが、多いパターンが、アプリ自体は無料で売っていて、全機能を使えるようになるためには月額課金というケースで、Things3はその中では珍しく買い切り型で全機能使えて、1年以上使う分には他のアプリよりも安いです。

そして、実際の操作性みたいなのも気になったんで、Youtubeなんかもチェックしたら、ちょうど良い動画がありました。

Macで使うタスク管理アプリとしては、2強のイメージのあるThings3とTodoistの比較動画ですね。


この動画を見たのが、結構自分の中では大きかったです。というのも、Todoistの画面を見た時に、「これなら絶対要らないな」と感じてしまったからです。。。。デザイン性とかよりも、画面から発してるものを感じて、、という感じですね。なんかちょっと機械的な感じがして。

170608 0006

まぁ、普通にありがちな、ごく普通の、特に悪くない画面だとは思いますが、だからこそ、わざわざ要らないかな、と思ってしまったんですよね。。。Evernoteを愛用して、メモも多用してきてて、やるべきことくらいは大体把握してますし、厳密な期限あるものはリマインダーアプリの2Doも使ってますし、2Doもまぁタスク管理アプリ的な使い方もできそうですし、わざわざこっちのタスク管理アプリを使わなくても良いかなと。

それに比べると、Things3の方の画面を見た時には、むしろ「なんか良い感じ」に感じたんですよね。

170608 0008

正直、この時点では、あまり機能的なことも詳しくは分かってなかったんですけど、「画面の感じがTodoistより良いな」とは思いました。長く使っていく上では、こういう感覚は大事だなと思ってますんで。


そして、アプリのレビューも見てみると、まぁ高評価なんですよね。Mac版も、iOS版も。特に、操作性とシンプルさが好評のようで。

(今日、Appleが素晴らしいと認めたアプリに贈る『Apple Design Award 2017』にも選ばれましたね。2017/06/08)


 

ThingsはApple製品専用のタスク管理アプリ


Thingsは、他のタスク管理アプリと違って、Apple製品でしか使えないアプリで、過去の経験からも、「Apple製品専用に開発されたアプリだからこその良さ」もあるんだろうなとも感じたんで、思いきって買ってみたんですよね。

そして、実際に使い始めてみたんですが、まぁ素晴らしいです、笑。

個人的に、何が素晴らしいかというと、タスク管理からイメージされる「やるべきことリスト」じゃなく、「やりたいことリスト」になるんですよね。

これが、Apple製品専用アプリならではの、一番の醍醐味じゃないかなと思います。パソコンだって、Macは、それをあえて選んでる人達からすると、「使わなきゃいけない」とか「まぁ使える」というよりは、「使いたい」ものなわけですよね。

今この記事を書いてるのも、Macでは超有名なMarsEditというアプリですけど、このアプリも買った最初に一番凄いなと感じたのが、「なんか書きたい」と思わせる力だったんですよね。開発者が元Appleの社員だったという話も妙に納得しましたけど。

 



 

 

そういう、Apple製品とか、Apple製品専用の有名なアプリに見えない形で存在している「使いたい」と思わせる力が、このThings3にもあるのが素敵でした。

なんか、このThings3にどんどん書いていけば、いつかそれは実現するんじゃないか、と期待させてくれます。

タスク管理アプリによっては、思いついたタスクをどんどん書いていくと、「やるべきことリスト」が山積して、逆に気分下がるから、結局あまり利用しない、、、みたいなこともあり得ると思うんですが、Things 3の場合は、そんなことはなく、どんどん書き足していってます。そして、実際に、効果も出てます。(個人差あるとは思いますが。)

170608 0002

使い方は自由だと思うんですが、自分の場合は、「今日」という項目に、「特に期限はないが一日も早く実行できたら良いこと」を入れてしまいます。そうすると、そのタスクを完了するまで、毎日「今日」の項目にそのタスクが繰り返し現れるので、優先的にやるべきことが一目瞭然です。(もちろん、各リストは簡単に上下に移動して優先順位を分かりやすくできます。)

当然、「今日」の項目にタスクが溜まっていくんですが、それがこのアプリだと気にならないんで、堂々とやらずに放置しつつ、「早く実行できたら良いな」とは思ってます。「早くやらないといけないリスト」ではなく、「早くやりたいリスト」という感じですね。

 

今日が期限のものは旗マークで目立ちますし、別途リマインダーアプリも併用してるんで、ごっちゃになることはないです。

 

「緊急性はさほどないが重要なタスク」をどれだけこなせるかが将来を変えるとよく言われますけど、Things3でこんな使い方を始めてみました。

170608 0009

IMG 1618

 

そして、毎日まず「今日」の項目を見て、何を優先的にやろうかな、、、とちょっと考えることから、一日がスタートする習慣になりました。以前はEvernoteを見てたんですが、より楽に有意義な一歩を踏み込みやすくなった感じですね。

とりあえず、最初に15分の掃除をすることも毎日の繰り返しのタスクに設定してるんですが、1週間くらいで、既に自分の中で習慣化されたのを感じましたね。このアプリのおかげです、笑。そういう習慣化とかにも利用できるアプリだなと思います。


仕事だけじゃなく、プライベートにも使えることを前提に「エリア」という概念(ジャンルみたいなイメージ)もあるアプリなんで、毎日プライベートでも、「できればやりたい」ということがあったら、このアプリに書き込むのは良いんじゃないかなと思います。
 

具体的な機能


具体的な機能に関しても、なかなか良くて、まず分類も何も考えずに「受信」というとこに、思いついた「タスク」をとりあえず書いておけます。そして、後で、そのタスクを別の項目に自由に移動して整理できます。

タスクの項目については、「エリア」という概念でジャンルを大きく分けて、その中に複数プロジェクトを作り、そのプロジェクトの中にさらにリストを作り、そのリストの中にさらに子リストを作れます。

170608 0001

例えば、プライベートという「エリア」を作って、その中で、「料理」というプロジェクトを作り、「レシピを調べる」とか「買い物」というリストを作り、さらに「買い物」というリストの中に、実際に買うものを子リスト化することができます。

 



また、プロジェクト内では見出しが作れて、さらにカテゴリー化して分類もできるので、タスクが整理しやすいです。

170608 0003

他にも、カレンダーアプリと連携したり、タスクの繰り返し設定したり、タグをつけて、タグでリストを絞って表示したり、項目毎に別ウィンドウで並列して表示したり、必要なことや便利なことは色々できます。

170608 0002

170608 0004

ただ、現状、他の人と同一画面内でタスク管理を共有したりする機能はないようです。

このThings 3は制作に2年くらいかかってるらしく、具体的に作るときにどこがどう大変なのか全く分からないんですけど、最近もアップデートもありましたし、今後もさらに良くなっていくことも期待しつつ、自分のように、今までわざわざタスク管理アプリを使わなかったという人にもオススメしたいアプリだなと思います。

特に、Apple好きな人にはオススメです。


 

Things 3
6,000円
(2017.06.08時点)
posted with ポチレバ

iOSアプリ版とはもちろんクラウドで連携します。最近は、ふと思いついたタスクについては、Evernoteじゃなくて、常にもち歩いてるiPhone版のThings3に直接書くようになりました。
 

Things 3
1,200円
(2017.06.08時点)
posted with ポチレバ
Things 3 for iPad
2,400円
(2017.06.08時点)
posted with ポチレバ


Courage truth 853466 640

 

スピリチュアル業界のものに満足できないケース


世の中には、沢山のスピリチュアルなセッションあるいは法則っぽいものがあります。それらによって、ご自分が望まれた状態に近づいたなら、それは素晴らしいことだと思います。自分自身、スピリチュアルじゃないと解決できない問題もあると経験上思ってますので。

 


 

ただ、実際には、スピリチュアルなセッションでも、効果を感じないとか、一時的には効果を感じるが、継続的に良くなっていく感じがせず限界を感じるとか、もっと酷いと嫌な思いをした、、、、というケースまであります。


その原因について書いていきたいと思います。

まず、効果に限界を感じる理由について。

一言で言えば、深い部分から対処してないからです。深い部分から対処しないで、浅い領域のヒーリングをすると、セッション時は体感的に何かセッションをしてもらった感じはあるでしょうが、やがて深い部分の問題によってまた元に戻ってしまいます。
例えるなら、川の上流に問題があるのに、下流の方だけ綺麗にしても、やがて上流からまた問題が流れてきて、一時的に綺麗にした下流も、直ぐに元の状態に戻ってしまうわけです。


さらに、嫌な思いをするケースがある場合について。

これは、一つには、そもそもの相性の問題もあると思います。スピリチュアル業界の人も色々なエネルギーの人がいます。色々な人がいますから、違う人に正反対のようなことを言われた経験がある人もいるのではないかと思います。
 


また、ヒーラーと名乗ってる人も、実際のエネルギーの質は様々です。
ヒーリングというのは、負担も大きいですから、ヒーラーのエネルギーが劣化してるケースもあって、そういうヒーラーに嫌な思いをさせられるケースもあり得ます。

 



あるいは、サイキック系のセッションだと、サイキッカー特有の特徴というものもあります。サイキッカーというのはサイキック(psychic)つまり心(psycho)の領域のことが得意です。心の霊と書いて何とやら、とかを対象にすることで有名な霊能者とかも、サイキッカーの部類です。

サイキッカーは基本的に、サイキックな能力を活かして人と関わりたいという思いが強いという特徴もあります。ですから、スピリチュアル業界において、サイキッカーに出会う確率はかなり高いと思いますし、実際にスピリチュアル業界にサイキッカーは多いです。
 



サイキッカーは心に関することが得意なので、悩みを理解してくれたり、人の性格とかについて読み取ったりするのは得意です。
それで、問題が解決すればもちろん良いわけです。

 

ただ、サイキック領域のエネルギーというのは、人間の心を考えれば分かるように、良い面ばかりではないわけです。良くないエネルギーの影響を受けて、自我が肥大してるようなサイキッカーなんかも実際にいます。

 

「私は能力者です。」なんて感じで、偉そうにしてるサイキッカーが、実際は変なエネルギーと縁が出来てるケースもあります。そういうサイキッカーに嫌な思いをさせられるケースもありうるかと思います。
 



また、サイキッカーにも限界はあります。サイキッカーが主に使うのは第6チャクラです。第三の目と言われるところで、霊視とか透視とかする人もいますよね。
ただ、第6チャクラは万能か?というと、決してそんなこともありません。第7チャクラより上のチャクラじゃないと出来ないこともあります。

 


 

 

本当に神聖なエネルギーの特徴

 

Japan jinja 1778543 640


では、第7チャクラじゃないと出来ないこととは何か?

それは、本当に神聖なエネルギーとの繋がりです。

世の中には沢山の神や天使の名前があるように、本当に神聖なエネルギーにも様々な種類のエネルギーがありますが、本当に神聖なエネルギーに共通して言えることは、必ず爽やかさや明るさや心地よさがあります。そして、浄化力も強いです。

その浄化力の強さは、スピリチュアル業界でお金を払えば得られるようなエネルギーの浄化力とは次元が違います。

 

もちろんサイキッカーにも、上との繋がりを意識してる人は多いです。例えば、ガイドとか守護霊とか呼ばれるものですね。あるいは、神の名を語ったり宇宙との繋がりという人も多いかと思います。

 

ただ、大事なのは、本当に神聖なエネルギーというのは、爽やかだったり明るかったり、心地よいものなんですね。そして浄化力も強いです。神社のご神気もそういう爽やかさありますよね。

 

サイキッカーが言うガイドとか守護霊とか神とか宇宙とかが、エネルギー自体はそこまで爽やかじゃないことはよくあります。言葉ではなんとも言えますし、上にも書いたように、サイキック領域というのは人間の心を考えれば分かるように、良いエネルギーばかりじゃないですから、自分のエゴを満たすために神の名を使うとか、そういうこともあり得ます。

ビジョンで見えたとか、言葉が聞こえたとか色々ですけど、場合によっては、結局神の名前を語る目的はエゴだったりして、エネルギーは全然爽やかじゃないということもあります。

 



スターウォーズでダース・ベイダーになるアナキン・スカイウォーカーなんかも、最初から能力はあるが、ちょっと自我が強くてせっかちな危うい性格として描かれており、結局ダークサイドに落ちるわけです。

Anakin 1936228 640

 

ダークサイドに落とさせる悪の親玉は、むしろ人間相手の表向きは、いつもまともなことばかり言ってるんですよね。まさに心領域での表裏が凄いわけです。

サイキック領域というのは、そういう危うさがあるんですよね。

 

スピリチュアル=サイキックではない

 

Sunset 691848 640

スピリチュアル(Spiritual)というのは、そもそも魂(Spirit)という意味で、スピリチュアル=サイキック(psychic)ではないわけです。心(psycho)の問題とかサイキックも含みますが、移ろいやすかったり騒がしかったりする心を静めて初めて感じられるような、もっと深く静かな世界までを意識したものがスピリチュアルなはずです。

 

そういう深い世界を意識すると、やはり魂とか宇宙とか神というキーワードが出てくるわけです。地球は宇宙から誕生したわけですし、そもそも宇宙はどうやって誕生したんだ?みたいな話になって、創造主とか神という存在も意識することになるわけで、人間の心とは、ちょっと領域が違うんですよね。

 

ですから、心に関することが得意なサイキッカーが、そこまで深いことは得意じゃないことはよくあります。第6チャクラで、そこまで深いことまでは限界があります。ただ、サイキック能力とかで自惚れちゃって、なんでも出来ると勘違いしてるサイキッカーの存在もあり得るとは思います。

 

そういうサイキッカーが人間相手に神の名を語っても、どこかエネルギーが爽やかじゃなかったりします。トラブったりすることもあります。

 

Hawaii beach 1630540 640

本当の神のエネルギーというのは、当然に地球が生まれる前から存在してるような爽やかなエネルギーで、地球の美しい環境にも関係があるはずで、神が自然の中に宿ってるという古来の人々の発想は大きく間違ってはいないのではと思います。


ですから、本当に神聖なエネルギーというのは、綺麗な自然の中にいる時の爽やかさとか心地良さと似てる面があります。(厳密には、神社のご神気と自然の心地良さとはちょっと違くて、神社でも別に感じるんですが、しかし心地良いという面ではかなり似てると思います。)

 

地球が誕生してから40億年以上経って人間が生まれたわけですが、その人間の心が作り出したようなイメージとしての神、しかもそれが誰かのエゴを満たすための目的で生まれてたり、変なエネルギーが都合よく神の名を語るケースもあるでしょうが、それらは本当に神聖なエネルギーの質とは全然違うわけです。

 



ヒーリングにおいても、本当に神聖なエネルギーとそれ以外とではかなり違います。例えば、レイキは有名ですけど、今のこちらにとって、レイキのエネルギーはあまり良いとは感じません。レイキで効果があるケースもあるでしょうが、限界も当然多いとは思います。

 

他にも、いろいろな〇〇ヒーリングというものがありますが、本当に神聖なエネルギーと繋がることまでお金をとって保証できる団体があるわけがないと思います。許可がないと繋がれないような深い領域もありますから、お金を出せば、なんでも出来るようになります、なんて絶対にあり得ないことです。

もちろんそういうヒーリングで効果があるケースはそれで当然良いわけです。 ただ、実際に、そういうヒーリングで効果をあまり感じないというケースもあって、その原因について書いてるのが今回の記事で、その原因というのは、主に深さとか神聖なエネルギーの度合いの問題だということです。

 

自分自身の経験

 

Desert footprint1007157 640

冒頭に書いた、スピリチュアル業界のヒーリングの限界について、自分自身も体験したことがあります。
もちろん、全く何も効果がないということはむしろほとんどないです。ゼロのものを何かやってるフリをして、、、みたいな本当に詐欺みたいな酷いケースは、むしろ珍しいんじゃないかなと思うくらいです。

 

ただ、自分の場合は、重症だったこともあり(初めてパソコン使った時に誰からも指摘されるくらいに顔色が悪くなったような体質だったので、、、、)、まぁそこまで深くないテクニックとかセッションとかで、大きく改善できる実感があまりなかったんですよね。

 

よくある、問題の原因を過去に遡って調べて解放する、みたいなセッションも、最初は原因の理解もできて良かったんですけど、それを逐一やってたら、どれだけ時間がかかるか、、、、しかも今にして思えば、魂レベルで考えると、宇宙時代とかもあり得ますから、地球での過去生だけでも済まず、ものすごい時間がかかるわけです。。。。

 



そんなわけで、重症な実感もありながら、決定的に良い解決策も見当たらず、ヘロヘロだった頃に、スピ業界で有名な出版社でセッションしてた人に、素質を見込まれてスカウトされたんですよね。

 

そこから、急に大きく動き出しまして、色々と本来の素質が開花して、やがて、こちらをスカウトした人のヒーリングまでこちらがするようになりました。(そういうわけで、最初から、スピリチュアル業界のプロの人のヒーリングとかをやってました。サイキッカーのヒーリングもやってました。最初から第7チャクラ以上のチャクラで行う神聖なエネルギーによるヒーリングで、サイキッカーには出来ないレベルのものだったからです。そして、実際に効果もありました。)

 

その頃は、とにかく次々と有名な色々な種類の神聖なエネルギーと繋がることにして、時にはかなり深くの微細で神聖なエネルギーとも繋がることとなり、そのための浄化と、その神聖なエネルギーの浄化力による浄化とで、日々浄化漬けでした。その浄化力の強さは、過去にスピリチュアル業界で体験したどのセッションよりも強力でした。もちろん、爽やかさとか心地良さも強力でした。

 

そうやって浄化を重ねていったある日、今のアートを描いて行うセッションが始まったんですが、これがさらに浄化力が強力で、最初は他の人にはセッションできないかもと思ったくらいでした。。。

 

その後、そのままの感じで、遠くの上の方の微細で神聖なエネルギーと繋がることをメインで行くのかなと思っていたら、今度は逆に螺旋の階段を降りるような、下向きのセッションをしていくことになり、これがもっと大変でした、、、、。
 



上の方の神聖なエネルギーと繋がることに3年くらい日々休みなくセッションしてましたが、螺旋の階段を降りるセッションは、7年くらい休みなくやってまして、この地上のエネルギーが良くないこともあって、上の方に繋がる時以上に浄化もとても大変で、利き腕利き脚も変わりました。。。。

 

スピリチュアル業界でも、こんな風に、10年もかけて上り下りして継続的にやってるようなヒーリングってかなり珍しいと思うんですよね。こちらは直接的に深い領域から日々エネルギーを受け取って活動してるんで、日々新たに前進できてるわけです。

 

10年やってます、という人はいますけど、そこまで上って下りての努力をしてるケースはほとんどないと思います。

 

ですから、Creative Arts Showersのセッションで、他のスピリチュアル業界の色々なセッションで効果をあまり感じなかったり、限界を感じたという人が、効果を感じたり、この先も良くなっていく可能性を感じる、というケースがあるわけです。
 


 

スピリチュアル業界でも他にはないセッション

 

IMG 1533  1

基本的にどの分野でも、本当に才能ある人の方が、人一倍努力も続けてるということが多いと思います。逆に、あまり才能ない人の方が、早い段階で自惚れちゃって、成長が止まるとか、あるいはおかしくなる、ということすらあり得ると思います。これは、スピリチュアル業界でも同じだと思います。

 



こちらは、ヒーリングに関しても、素質はあった方だと自分でも分かってましたけど、その分、その後も継続的に努力を重ね続けてもきました。
昔は自分の状態も割と重症だと感じてましたが、今は以前より心身ともに全然楽になりましたし、この先もさらに良くなる可能性も感じてはいます。もちろん、これからの努力次第ということもありますが、可能性を感じれるということ自体はとても価値があると思います。ヘロヘロになってた頃は、早く消える可能性だけ感じてましたんで。。。。


今はかなり地上的にもなったんで、この世のこともかなり楽になりましたし、対応できる領域の幅もかなり広くなりました。
とても遠くの(深くの)微細な神聖なエネルギーを、この地上レベルにまで降ろすというのは、かなり大変で、そこまでやってる人はあまりいないと思います。

 

スピリチュアル業界で目立つタイプに多いのは、元々かなり地上系でビジネスにも縁あるような人が、サイキック能力とかどこかで習えるヒーリング能力を身につけたということで、いかにもきっちりとビジネスとして活動しているというケースですが、上にも書いたように、限界も(時には問題となることも)当然あり得ます。ですから、凄そうな感じで宣伝してるから受けてみたら、大したことなかった、、、、というケースも中にはあるようです。

 

逆に、元来上の方のことが得意なスピ的な素質が結構ある人程、過去世的な性質からも奉仕の精神が強くて、お金のブロックとか、ビジネス界のエネルギーの悪さに違和感を感じ、ビジネスビジネスするのが苦手なケースも多いと思います。自分自身、経験あります。

 

本当の真っ当なスピ的な素質とビジネス上手さというのが、ほとんど無関係なんですよね。ビジネス性は強くても、肝心のスピ的な素質や実力は大したことない、ということは容易にありえます。

 

また、俗世から離れて、山の上の方でずっと上の方を意識して修行してる人が、街中に降りて、山の上と同じようなレベルでセッションするということも結構大変だと思います。そうじゃなければ、普段山にいる意味がないでしょうから。

IMG 1520

 

そういうわけで、他のセッションで改善しない問題があり、信仰心がある、あるいは無くはないし、こちらのアートを見て嫌な感じがしない、という人には、Creative Arts Showersのセッションは、スピリチュアル業界のどこにもない、ここだけの対応領域の広いセッションですので、試してもらう価値は大いにあるかなと思います。

 

地上的になる過程で、ビジネス性も強めたんですが、元々はスピ的な素質の方がよほど強いタイプで、結果的に上から下までのバランスも取れてきたかなと思ってもいます。

 


実際に、他の色々なセッションで効果の限界を感じた方が、こちらのセッションで効果を感じたというケースはいくつもあります。その原因は上に書いてきたようなエネルギーの質の違いが大いに関係しているわけですし、それは、簡単に真似できるようなものでもないんですね。

 

許可がないと繋がれない深い領域もありますし、さらにかなり上から下まで広い領域に対応するということは、自分の経験からしても、利き腕利き脚変わったくらいで、そんな簡単なことではないからです。
 




Creative Arts Showers (HP)


Girls happy 529013 640
 

「能力推し」か「状態推し」か


前回の記事では、スピリチュアルに関して、「サイキック的な能力推し」の危険性とか、そんなに美味しいことばかりじゃないよ、という話を書きました。

 

 


そして、「能力推し」よりは、「状態推し」の方が安全だし実益もあるということも書いたんですけど、今回はさらにこの点について書いてみたいと思います。


まず、思うんですけど、「状態推し」って、「能力推し」よりも地味だと思うんですよね。

「あなたも、こんな能力が得られて、こんなことができるようになりますよ〜」みたいな方が、分かりやすく美味しそうな感じするじゃないですか。

でも、前回の記事で書いたように、この世の全てのものが見えるとか把握できるなんてことはまずあり得ないですし、実際は変なもの見えたりしても、気分は良くならないどころか、変なエネルギーとの縁もできて、 結構しんどそうな人もいます。サイキック「能力」があっても、必ずしも良い「状態」になるとは限らないんですよね。

 

人間が最終的に求めてるものは感情や気分


最初に誰が言ったのかの起源は知らないんですけど、「人間が最終的に求めてるものは感情である。」という話があります。

これは、なるほどなと思いましたね。感情に気分も含めたら、よりしっくり来る感じします。

凄いお金持ちでも、常に気分が悪いとか、嫌な感情ばかりだと、幸せだとは言えないですよね。
もちろん、普通人間として、最低限の衣食住とか安全が満たされないと、気分も良くならないとは思いますが、 マサイ族は、家もありますし、牛がいて、ストレスが無ければ幸せだそうです。

 




日本は経済大国なんですが、高度成長期の頃からずっと幸せ感は高くないことで有名でもあり、その原因は、経済的なことよりは、この感情とか気分的なことではないかなと思います。

幸せ感は、ヨーロッパ諸国が高くて、この数年だとデンマーク、スイス、ノルウェー辺りが一位だったかなと思います。日本はずっと50位とかそういう位置ですよね。。。。。

 



デンマーク、スイス、ノルウェーが凄い経済大国というイメージはないですから、日本も含めて考えると幸福度が経済的な数字に比例してるということは無いんだろうなとは思います。

おそらく、年間とか人生を通じて国民の気分が良い方の国が、幸福度が高い国なのではないかなと思います。

 

状態は行動の質にも影響を及ぼす


以上のように、感情とか気分という「状態」が、人間の幸せ感、幸福度にもかなり関係があると思うんですが、具体的な行動に関しても、「状態」というのはとても重要性があると思います。

これは、NLPとかでよく言われてるんだと思いますが、何かの目的を達成するためには、色々と必要となる行動があるわけで、その行動をスムーズに行うためには、良い「状態」を維持することが大事なわけです。

人間、疲れきってたり、イライラしてたり、過度に緊張している「状態」で、良い行動を続けるというのは難しいんですよね。むしろ、良くない方向での行動に繋がって、良くない結果に繋がることも多々あるわけです。

ですから、NLPだと、脳に働きかける簡単なテクニックで、 自分の状態を常に良い「状態」に整えて、良い行動をして、良い結果に繋げましょうという話かと思います。

例えば、ちょっとイラっとした時に、 瞬時にハワイの綺麗な風景を思い浮かべるとか、リラックス状態を指にアンカーリングしておくとか、そういうことでも人間の脳の作用によって、気分は一時的には変わりますから、結構有用な面もあると思います。

 

「良い状態」になるためのスピリチュアル


ただ、問題の原因が深く慢性的な時に、ずっとそういうテクニックで凌げるかというと、ちょっと無理かなとも感じるんですけどね。逆にちょっと良くない面も感じたりします。やはり、ちょっと無理してる感があるのと、割と顕在意識レベルのテクニックな印象がありますから、別の形で深い問題が表出しそうな感じもしますね。

NLPも、スピリチュアルの存在も認めていて、中にはちょっとスピリチュアルっぽいテクニックもあったりするんですが、やはり深い問題に関しては、スピリチュアルの方が潜在意識からの根本的な解決は得意かなと思います。

ただ、ここで言うスピリチュアルというのは、前回の記事で書いた、サイキック能力推しなスピリチュアルではないわけです。やはり、サイキック(psychic)能力では、心系(psycho)のことに関しては得意でも、心よりも深い点に関して限界もありますし、心の領域というのは人間なら知っているように良いエネルギーばかりではないですから、危険も皆無では無いということでして。

スピリチュアル=サイキックではないわけです。もちろん、スピリチュアルも心のことも含みますけどね。ただ、移ろいやすい心よりも深い魂(spirit)という存在まで含めて考えるのが、スピリチュアル(spiritual)だという話でした。

 




では、スピリチュアルで肝心なのは、サイキックではなくて何か?と言ったら、やはり神のエネルギーなどの神聖なエネルギーになるわけです。神と言ってもサイキッカーが人間向けに分かりやすくイメージとかで作ったような神ではなく、本当にこの世に存在してる神聖なエネルギーですね。地球ができる前から、そして当然にサイキッカーが色々やりだす前から存在しているような本当の神聖なエネルギーですね。本当に歴史ある神聖なエネルギーって、やはり心の領域のものではないですから、これはもっと深くの魂レベルで感じるしかないとも言えるかと思います。

そして、本当に神聖なエネルギーというのは、人の心身にもとても良い影響があります。

ですから、信仰心って大事だなと思うんですよね。

 



前述したマサイ族の人の記事でも、マサイ族が「幸せになる方法」は簡単で、
 

”神を信じ、人生を神にゆだねる……だけだ。別に特定の宗教の神じゃない。皆それぞれが信じる神でいい。日本には「八百万の神」って言葉もあるんだろ? それでもいい。信じるんだ。そーゆー神様に “生かされている” って思うことが幸せに生きるコツかもな。んじゃ、オレセリ!!”

 

とのことです。

また、実績ある科学者も同じようなことを言っています。

 

 

”「神の恵みの中にいるとき、人は最も幸福である」(スウェーデンボルグ『夢日記』)”

 

まとめ

 

Brain 850396 640


今回のテーマは、一見「能力」とかよりも地味な「良い状態」を維持することの重要性ということで、結局人間の幸せ度は感情とか気分という「状態」がかなり重要なウェイトを占めるし、具体的に目標に向かって行動をしていくためにも、「良い状態」を維持するということは、かなり重要だという話でした。

そして、「良い状態」を維持するために、例えばNLP的な脳に働きかける直ぐに使えるようなテクニックもありますが、ちょっと深い問題については、やはりスピリチュアルの方が得意ということで、そのスピリチュアルというのも、サイキックという心をメインにしたレベルではなく、もっと深いものの方が安全かつ幸せ感にも繋がりやすいという話でした。

「良い状態」になれば、自分の気分も良くて、色々な何気ないことにも幸せ感高まりますし、具体的な行動の場面でも良い行動に繋がりやすいですし、一見「能力推し系」よりも地味なんですけど、「良い状態」を維持したり、さらに良い状態のレベルを上げていくことというのは、それだけの価値があるかなと思ってます。

かたや、サイキック能力推し的なことで、能力を得たら良い状態になるかというと、必ずしもそうでもなくて、スピリチュアル業界で問題多いのは、このサイキックとかの「能力推し」に原因あることがほとんどで、その原因は、やはり心の領域というのが、本当の神のエネルギーと比べたら、そりゃ良いエネルギーばかりではないからですね。


Creative Arts Showersでは、サイキックじゃなく、本当の深い領域からの微細で神聖なエネルギーによるヒーリング等で、「良い状態」を獲得し、さらに発展させていきます。

 

 

具体的なことに関しては、コーチングも活用して、行動計画とか、PDCAも含めて継続的にサポートしてます。

 

 

セッションは完全にアートで行う右脳的なものなんですが、結構左脳的なとこも重視していて、そこいら辺は次回書きたいと思います。


Creative Arts Showers(HP)

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
follow us in feedly

Profile

筆者説明文pc.jpg

Link

persimage 8のコピー.jpg


お勧め記事

《幸福度調査1位》幸せ大国デンマークの幸せの素「ヒュッゲ」を日本での生活でも増やしていきたいという話。 (2014.08.27)

神殿の神官系と街中の魔法使い系とか霊能者系、サイキッカー系のタイプや出来ることは実はかなり違うという話。

スピリチュアルで危険を回避し、安全に生活に活かしていくために必要な前提知識。サイキック的な能力推しの危険性について。 (2017.05.05 )

才能とか素質とか天才性は、結局どれだけその分野について努力できるかがかなり重要な判断基準だと思った件。 (2015/10/12)

現実的な成功法則とスピリチュアルの関係。引き寄せの法則の信憑性についても。 (2016/06/12)

瞑想の効果の科学的な検証が進み、「マインドフルネス革命」の兆しが現れてるとのこと。企業にも、教育にも、社会にも良い効果があると思います(2015/11/1)7)

人間にとっての「静かな」方のエネルギー(ハワイで言えばマナ)の重要性について (2015/06.04)

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 (2014.08.30)

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 (2014.12.04)

Appleのジョナサンアイブのエリートな凄さが良く分かる本「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」読みました。(2015.01.13 )

ブログ第三章に突入中。やはりMacでブログ書くなら超有名ブログエディタアプリMarsEditは必須だなと振り返るこの半年。(2015/02/17)

Airmail2.0  Macの優良メールアプリがYosemite対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。細かい変更点では最初戸惑った点も。 (2014/10/27)

役者さんが語る空気(エネルギー)(2014/06/18)

準静電界ー人とか物とかが発してるとされる電気の話ー (2014.10.14)

スピリチュアルじゃないと改善・解決しない問題もある。限られた一部のヒーリングじゃないと改善・解決しない問題もある。 (2016/11/06)

「エネルギーバンパイア」で検索したら特徴とか対策とかの記事が凄い数出てくる件。 (2015/01/09)

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、信仰等、広範に関係・影響。(2015/09/14)

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。 (2015/04/21)

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。(2016/01/07)

エネルギーワークと脳と人間の変化の関係。脳科学的に人間が変わるのは簡単じゃない前提での、エネルギーワークの特異な効果や意味について。 (2016/07/21)

願望実現・目的実現のために、スピリチュアル×コーチング。深くから且つ現実的に前進可能。 (2017/02/11)

《レビュー》WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX01 実速度大幅アップ。5GHz帯を利用できる点が評価高し。(2015/03/20)

Selected Entry

muumuu-domain

ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

お名前.com

jugem+

グーペ

プチ・ホームページ

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Archive

Comment

  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    watarai
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    mona

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM