151003 0001


OS X - 概要 - Apple(日本)


OS X El Capitan来ましたね。

Total Space2が、デフォルトの状態では使えなくなるということで、かなりアップデートするつもり無かったんですけど、あっさり昨日アップデートしてしまいました。


Home office 336377 640


リコールの期限が迫っててAirを修理に出してたんですが、

AppleStore表参道店に行ってきました。MacBookAir2012年モデルのリコールの期限が迫ってたんで、修理依頼してきました。 | Creative Arts Showers's Blog



ジーニアスバーのお兄さんは1週間くらいと言ってたのに、3日後にはもう届きました。

クロネコのパソコン宅急便で届きました。

JPEGイメーシ? FF99F88A313D 1

JPEGイメーシ? FF99F88A313D 2


早速、久しぶりにAirを起動してみました。

なんとOSはLionでした。

スクリーンショット 2015 05 18 16 39 20

3世代前ですね。2012年に購入した時は、まだLionだったということですね。それも、思い出しました。新しくMacを買った人はMountainLionにも無料でアップデートできるという話だったと思います。

今では当時からさらに進んで、OS Xは無料ですけどね。


OS X Lionも驚く程古い感じもなく、ただ、キーチェーンとかいくつかの機能が設定アプリのiCloudの項目に無いのが気になりました。

そのまま購入済みのアプリも入れてみようと思ったら、いくつかのアプリが、Lionには対応してないようだったので、結局Lionの懐かしさを少し味わっただけで、直ぐにYosemiteにアップデートしました。

怒涛の3世代飛びですね。

スクリーンショット 2015 05 21 18 08 39

軽い印象のAirにはやはり軽い印象のYosemiteのデザインの方が似合う感じがしますね。

3年前のAirですけど、まだ全然サクサク動きます。メモリは8Gにしておいたからかもしれません。

Airのサクサク軽快感も懐かしかったです。

ProRetinaの方は、購入してから数ヶ月くらいは、色々な意味でAirよりも重い感じで、Airの頃のようにサクサクと手が動かないなぁ、なんて思ってた記憶もあります。

もちろんProRetinaのパワー的には最初からサクサク動くスペックだったわけですけど、こちらの手がAirの頃のようにはサクサクいかなかったんですよね。

しかし、1年以上使ってるうちに、今では、手の方もすっかりAirを使ってた頃のように、サクサクと動くようにもなりました。

最初にAirでのサクサク軽快感を体験してたからこそ、比較もできることなんですけどね。ある意味、Airのサクサク軽快感を基準にするというのは、レベルの高い話でもあるかもしれません。

以前、ファミレスで、隣の席の女性が、Airでやたらと素早くキーを打ってたんですけど、こちらは経験あるんで、「Airってそうだよね」と思ってました。

 

Office 625892 1280

Airは、パソコン嫌いだった自分が初めて買ったMac Bookで、いかにもノートパソコン的な使い方でサクサク使えるようになり、タッチタイピングも自然とできるようになり、非常に思い出があります。

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 | Creative Arts Showers's Blog



これがいわゆるノートパソコンの使い方かぁ、なんて思った日も懐かしいです。

最初、Airで、Final Cut Pro Xで動画のエンコードばかりしてて、ちょっと普通と違った使い方をしてて、それが原因でSSDが逝ってしまったのかなとも思ってたくらいなんですけど、、、、、。

ホームページを始めてから、文章を書いたり、写真をちょっと編集したりという普通のノートパソコン的な使い方をする頻度も増えました。


このAirのおかげで、切り開いてきたものがあり、そして、ProRetinaに受け継がれて、さらに進化してきたものもあるかなぁと、しみじみと振り返るAirの生還でした。

Macを持って外で歩くことが多い日は、Airを持って行こうかな、なんて思ってもいます。


たかだか2〜300グラムの差なんですけどね。それでも、普段の重さに慣れてると、今日はちょっとカバンが軽いなぁなんて感じてたら、いつも入れてる軽量の折りたたみ傘が入ってなかったりしますからね。

そんなわけで、Airにしたら、少し軽く感じるかと思いますが、その代わり、折りたたみ傘が入ってないことにも気付かなくなりそうな点だけは少し心配です、、、、、。


 


Apple 407122 640
 

起動時に、はてなマークは、、、、、

先日、Macでブログの記事を書いてる時に、突然、途中からトラックパッドで動かすカーソルが消えました。

そして、他のボタンも反応しなくなり、フリーズのような状態に。


仕方ないので、再起動のショートカットキーである、command+control+電源ボタンで終了しました。


そうしたら、あっさり終了できたので、大丈夫かなと思って、再度、起動するのを待ってたら、アップルのロゴマークではなく、フォルダとはてなマークの組み合わせのマークが出てきてしまいました。


これは、ちょっと面倒かも、、、、と直ぐに分かりました。


なにせ、以前使ってたMacBook Airの2012年モデルが、東芝製SSDの不具合でリコールになった時に、このマークは経験済みだったからです。

AppleがMacBook AirのSSDをリコール&無償交換開始、確認方法まとめ - GIGAZINE



ただ、一度経験してる分、今回は精神的には余裕もあって、ゲェとか思いつつも、ところどころ写真なんかも撮ったりもしました。

リコールになったあの問題以来、OSが新しくなる度に、まず予め外部起動ディスクを作っておく、ということも意識するようになりました。たしか、前回は、SSD全体が逝っちゃてて、リカバリーモードからの起動もできなかったと思います。


それで、急遽もう一台のMac miniから、外部起動ディスクを使って起動した経験があります。


それに対して、今回は、リカバリーモード(電源入れた後に、Command+Rを長押し)からの起動はできました。

一応、こういう不具合があった時の手順として、リカバリーモードよりも先に試す手段もいくつかあるんですけど、

【保存版】Macが起動しない時に自分でできる7つの対処法 | 男子ハック

今回はセーフモードでの起動を試みてもフォルダとはてなマークが出てきちゃいました。

そういうわけでリカバリーモードからの起動を試したわけですが、無事「OS X ユーティリティ」を表示させることはできました。

JPEGイメーシ? 7A3886D5AC0D 8

そして、前回と違って、ディスクユーティリティに、内臓SSDは表示はされていました。
前回リコールになった時は、そもそも内臓SSDが表示もされなかったんですね。調べたら、表示もされないというのは重症だ、、、とのことでした。

JPEGイメーシ? 7A3886D5AC0D 5


今回は表示はされてる分マシだなと思ったんですけど、「マウントされてない」とのことで、表示が薄くて選択できない状態になってました。選択できないと、ディスクの修復もできないわけで、結局のところ困ってしまいました。

 

マウントされてない場合の対処法

そこで、またネットで「マウントされてない」というキーワードで色々と調べてみたら、やはり結構問題あるようで、いかにデータ救出をするかを詳しく書いてるサイトも沢山出てきました。要は、諦めて中のデータだけでもなんとか救出するには、、、っていう内容ですね。


データについては、前回の経験から、より一層意識してクラウドを活用してるのと、Timemachineのバックアップもしてるんで、現状それ程問題にはならないですし、いざとなれば、外部起動ディスクから外付けSSDにOS Xをインストールすれば普通に使えることも経験済みなんですけど、それにしても、諦めるのはまだ早いだろうと、なんとか解決策を探してたらようやく見つけました。


Appleの公式サイトがとても参考になりました。

Mac の起動時に、点滅する「?」マークまたは地球儀のアイコンが表示される - Apple サポート





 

"Mac の起動時に、点滅する「?」マークまたは地球儀のアイコンが表示される場合は、通常、Mac の起動に必要なソフトウェアが見つからないことを意味します。"


結局、以下の手順を試したら、なぜか普通に操作できるようになりました。

 

"それでもコンピュータが起動しない場合は、コンピュータがシステムソフトウェアの場所を特定しやすくなるよう、以下のように操作します。
1.電源ボタンを数秒間押し続けて Mac の電源を切ります。
2.電源ボタンを 1 回押して Mac の電源を入れ直し、スタートアップマネージャが表示されるまで「option」キーを押したままにします。"


JPEGイメーシ? 7A3886D5AC0D 3


これは、外部起動ディスクからの起動を行う時に、普通に行う手順だと思うんですけど、結局、内臓のリカバリーモードでは「マウントされてない」としか表示されなかった内臓SSDが、起動ディスクを選択して起動するモードにしたら、普通に認識されて選択できて起動もできるようになった、ということで、理由はイマイチよくわかりません。

一応、前回と違って、ディスクの項目に薄い字ではあっても内臓SSDが表示はされていたことから、前回程は重症じゃなかったから、ということは言えるでんしょうね。

ちなみに、この後、システム環境設定で、「起動ディスク」の項目で起動ディスクを改めてチェックしておくことをお勧めします。何かの拍子で、何も選択されてない状態になると、ハテナマークが出ることもあるようです。

 

万一に備えて、外部起動ディスクの作成とデータのバックアップを

まぁ、これから夏に向かって暑くなりますし、そうするとまたHDDやSSDにとっても故障しやすい状況になりますから(前回のリコールの現象が多発したのも夏でした)、万が一逝ってしまっても大丈夫なように、TimeMachineでのバックアップとクラウドの活用は心がけておきたいと思います。

外部起動ディスクの作成とデータのバックアップを行っておけば、急に内臓SSDが逝ってしまっても、外部起動ディスクから起動して、外付けSSDにOSを入れて再度バックアップやクラウドからデータを入れ直せば、案外しのげるのがまたMacの良いところでもあるかなと思います。

外部起動ディスクの作成法はこちらを。

【OS X Yosemite】インストール用 USB メモリ起動ディスクを作成して再インストールと復元をできるようにしておく : C-through the Mac

外付けディスクにOS Xをインストール方法はこちらを参考にしてください。

OS X:外部ボリュームに OS X をインストールする - Apple サポート



上の写真の起動ディスク選択画面の写真を見ても分かるように、自分の場合は既に外付けSSDにパーティションを区切って、複数OS Xが入ってる状況です。いざとなれば、この外付けのディスクを選択して起動して利用できるというわけです。


そういうわけで、以前の経験もあって、一応念のための準備はしてあるんですけど、そもそもこのMacはまだ購入して一年半なんで、逝ってもらわれたくないんですけどね、苦笑。


ちなみに、万一の時に外付けSSDにOS Xまで入れて運用する場合、3000円以下で買えるUASP対応のケースがオススメです。USB3.0の転送速度をさらに高速化するUASPならSSDの速度を最大限活かすことができますから。入れるSSDの速度にもよりますが、普通に400Mb/sくらいの速度が外付けSSDでも出ますんで、数年前の内臓SSDと遜色なく使用できます。



 


150410 0005
 

Macの写真アプリでのiCloudフォトライブラリ



前回、iOS端末でiCloudフォトライブラリーを試してみた記事を書きました。

iPod Touch5をiOS8.3にアップデートして、iCloud フォトライブラリーを試してみて、ようやくちょっと良く分かりました。 | Creative Arts Showers's Blog

iOS端末でiCloudフォトライブラリーを使うと、容量を節約しながら、いつでも簡単にiCloud上の全ての写真にアクセスできるという良い点が目立つ印象でしたが、Macだとまたちょっと話が変わってくるかと思います。

今まではMacの写真管理ソフトはiPhotoでしたけど、今回のアップデートで、Macの写真ソフトは「写真」アプリに置き換えられて、iPhotoは使えないようですね。他のアプリでMacの写真にアクセスする時も、iPhotoは下のような表示になって選択できないようになってます。

スクリーンショット 2015 04 13 15 54 48


他方、iPhotoの上位バージョンだったApertureの方はまだ使えます。

しかし、新しい写真アプリの登場によって、Apertureは開発が終了し、Mac AppStoreでの販売も終了となりました。


150413 0002

とりあえず、今のところは写真アプリとApertureは別個に共存は可能なようです。

そういうわけで、試しに新しい写真アプリもちょっと使ってみました。

150410 0001

150410 0002


150410 0003


150410 0004

150410 0005

ライブラリの選択をする必要があるんですけど、今回は無料の5GBの範囲内で手軽にiCloud フォトライブラリーを体験したかっんで、新規作成を選択しました。


150410 0008

iOS端末同様、Macの写真アプリでも、iCloudフォトライブラリーとフォトストリームと写真共有を個別にオンオフの選択ができるようです。

スクリーンショット 2015 04 10 13 51 34


自分の場合は、先にiPod Touchの写真3.6GB分をiCloudフォトライブラリーにアップロードしてあったので、MacでiCloudフォトライブラリーをオンにしたら、iCloudフォトライブラリーの写真の一覧のサムネイルが徐々に表示されました。

ちなみに、デフォルトではサイドバーは表示されませんが、メニューバーの表示の項目から表示させることができます。

150413 0003


iCloudフォトライブラリー内の写真は、Macにオリジナルの写真をす全てダウンロードすることもできるようです。今回はお試しなのでしませんでしたが。

それと、今回はお試しなので、5GBの容量を意識して、フォトストリームはオフにしておきました。他の端末からフォトストリーム経由で流入してiCloudフォトライブラリーにアップされていかないように。


150413 0004

写真を選択して、右上の編集ボタンを押すと、下のような表示になります。

150413 0006


iPhoneやiPadとの統一感を感じますし、MacのiPhotoの代わりとしては、まぁ良いんじゃないかなと思いました。

 

Apertureの開発・販売終了


ただ、問題は、Apertureの開発も終了になる点なんですよね。

Apertureを愛用してきた人からすると、新しい写真アプリは物足りない面もあるんじゃないかなという感じしますね。自分なんかは、それ程写真編集とかもしないんですけど、気になったのでちょっと調べてみたら、やはり物足りないという意見は見かけますね。


OS X YosemiteにアップデートしたらAperture終了PhotosがダメダメなのでLightroomに移行決意しました - karaage. [からあげ]

しかも、もっと深刻なのが、Mountain LionからのアップデートではYosemiteでAperture自体を使えなくなってしまったとのこと。Mac Appストアに存在しなくなってしまったから。


〜<追記>この後、修理したMacBookAirが戻ってきて、初期状態のOS X LionからYosemiteにアップグレードしたので、試してみました。たしかに、MacAppStoreからはもうApertureをダウンロードできないですが、購入履歴からは普通にダウンロードしてインストールして使うことができました。

<さらに追記
2015/06/21)>Mac miniの方もYosemiteにアップデートしたら、やはりApertureも開けなくなってました。バージョンが3.5だからという理由で。Appstoreの履歴からもApertureには「開く」ボタンがあるだけで、しかし開けないという状態でした。

仕方ないので、既にYosemiteにアップデートしてたMac Bookの方のAperture(バージョン3.6)をMac miniの方に移行したら開いて使えました。特にライブラリの移行もしてないんですけど、以前のデータもそのままで使えました。まるでアップデートしただけのような形で使えました。

さらにそもそも何が問題だったのか忘れてきたので、もう一度上記のサイトを見たら追記があって、Yosemiteにアップデートしてもあpertureを使える方法が書いてありました。そのままじゃアップデートできないから、一度アンインストールして、Appstoreからも一度サインアウトしてサインインし直して、購入履歴からダウンロードする、、、ということのようですね。

経験上も納得です。

OS X YosemiteでApertureとiPhotoが起動しないバグの解決方法 - karaage. [からあげ]

<追記終わり>

これは、自分も問題なんですよね。あるアプリの不具合のせいで、写真を全て保管する母艦であるMac miniの方はまだMavericksのままなんで、同じようにYosemiteにアップデートしたら、Apertureが使えないという事態になりそうな訳です。


編集はいざとなれば書き出して他のアプリで行えば良いですけど、管理の面においてもApetureは結構便利だったんですよね。人それぞれの使い道によって感じ方は違うでしょうけど、
Apertureには、写真に星三つみたいにレートを付ける機能もありましたし、サムネイル上の写真のメタデータを表示する機能もあって結構便利でした。

自動で生成される月単位の「プロジェクト」とかも便利だなと思ってたんですよね。他のアプリなんかで開く時も、割と探しやすかったですし。やはり無意識に月単位で意識したり記憶してたりしますしね。

150413 0007



それに対して、新しい「写真」アプリでは、 Collectionsの項目における期間による区切りが「3月10日から4月3日」みたいに余裕で月をまたいでて、思考が止まるというか、他のアプリから開く時に、選択しづらいんですよね。Yearsという項目でざっくり一年分では整理されてるんですけど。1年分全て見て選択もあり得ない話で。

150413 0008


これでは、Mac miniの方をYosemiteにアップデートできない事態になってしまった感があります。

Evernoteだって、月別にさりげなく区切りあるんで、月別の区切りもやはり欲しい感じはします。

まぁ、「写真」アプリの方も、「スマートアルバム」という形で、期間を指定してアルバムを作ったりすることは可能なんですけどね。以前よりも手間がちょっと増えるなと。


150413 0009


あと、iPhoto同様に、ライブラリの切り替えはできるようですけど、iCloudフォトライブラリを使えるのは一つのライブラリだけのようです。iCloud フォトライブラリにアップしない予定の写真は、ライブラリを分ける、という使い道もあるかもしれません。


ライブラリの新規作成や選択をするには、アプリ利用開始時に、optionボタンをおしながらアイコンをクリックするだけです。Apertureだと、アプリを終了せずにライブラリを切り替えることもできたんですけどね。

スクリーンショット 2015 04 13 19 35 56


「写真」アプリの方も今後もアップデートがあるでしょうから、色々改善されてくことは期待してます。

 

iCloudフォトライブラリーに向いてそうな人


さて、この新しい写真アプリとiCloudフォトライブラリーについてですけど、Macに保存されてる写真の容量がすでに膨大で、月額の料金が気になる人や、Aperture並みの細かい機能が 無いと嫌だという人にとっては、ちょっとイマイチに感じられるかもしれません。

それに対して、そこまで大容量の写真を保有してないとか、金は問題ないとか、そこまで細かい編集もする予定が無い人には、手軽にどのデバイスからでも全写真にアクセスして思い出に浸ったり、編集したり、手軽に共有したりすることができて、割と魅力的な面もあるかなと思います。

FlickrやGoogle+は、iCloudフォトライブラリー程の一覧性は無いんで、保存したら基本的にそれっきり、ってことが結構あると思うんですよね。バックアップ用としては良いんですけど。

Flickr用のFlick Stackr等のiOSアプリもありますけど、やはり一覧性には限界を感じます。きちんとアルバムで整理して、各アルバムにダイレクトにアクセスする形じゃないと、昔の写真にたどり着くには結構時間かかると思います。

PhotoStackr for Flickr
240円
(2015.04.13時点)
posted with ポチレバ
Mac用のFlickrクライアントアプリとして、Flickryというアプリもあるんですけど、やはり一ヶ月分くらいのアルバムの表示までにも結構時間かかる時ありますね。
flickery
1,800円
(2015.04.13時点)
posted with ポチレバ

それに比べると、iCloudフォトライブラリーはアルバムで整理をしなくても、何年分もの写真を素早く一覧出来るのが印象的です。

ですから、写真見るのが好きで、昔の写真にも手軽にアクセスしたいけど、アルバム作成とかは面倒、という人には結構良いサービスなんではないでしょうか。Flickr等のクラウドにもアップしてない人も意外と多いでしょうから、今までパソコンに眠ってた写真が蘇るかもしれません。

今後iCloud フォトライブラリーユーザーがどれくらい増えていくのか、ちょっと興味あるところです。


 

Magic Trackpad

 
今度はOS Xのトラックパッドのマルチジェスチャーをパクリます


Microsoftの次期OSであるWindows10で、またしても、伝統の堂々たるパクリが行われるようです。

Windows 10、まんまOS Xのトラックパッドジェスチャーに対応 : ギズモード・ジャパン


 

"実際何ができるかというと、ベルフィオーレ氏によれば次のようなものです。3本指の下スワイプで、アクティブなウィンドウをすべて最小化。3本指の上スワイプでそれらのウィンドウを元に戻す。もう1回3本指の上スワイプでWindowsのTask View機能(OS Xにおけるミッションコントロールみたいなもの)を開く。3本指の左右スワイプで、アプリを切り替え。

Macユーザーの方は「なんか既視感あるなー」って思うかもしれませんが、そう、OS Xとまったく同じなんですよね…。さて、弁護士さんの出番でしょうか。"

素敵な会社ですね。さすがは、ビジネスといえばMicrosoft。人間ならぬ営利社団法人という、法律上人格が擬制されたという存在がメインのようなドライな分野を少しでも人間的に潤すつもりなんかありません。むしろさらに乾かしながら自社を潤すすためにこれからも頑張る模様。

Windows8ではちょっと独自路線突っ走り過ぎて評価されなかったから、また伝統の、Macの良いとこを後からパクる、という基本に立ち返るようです。


マイクロソフトの経営の問題点



 
Macのトラックパッドは別格


ビルゲイツ様が、WindowsでMacのGUIを意図的にパクった時は、お互いゼロックスからパクったようなもの、みたいな発言したそうですけど、トラックパッドについては、AppleがiPhoneで広めたマルチタッチ操作をiPhoneやiPadからMacに輸入したもので、かなりAppleのもの、というイメージもありますが違うのでしょうかね。


Macのトラックパッドの凄さについて、Appleファンでもない、という人からの評価の記事がなかなか的を得ているなと思ったので、ご紹介します。

"Windowsのスライドパッドを使うくらいならマウスを使ったほうが圧倒的に使い勝手が良いからです。

これはcardmicsさんと同じく、多くの人が同意できるんじゃないでしょうか。

様々なメーカーのPCが存在しますが、マウスに勝る操作性のスライドパッドに出会ったことはありません。

それくらいスライドパッドと言うモノは使いにくいモノだったのです。

しかし、ついに出会ってしまいました。

別次元のスライドパッドに。

それがAppleのMac用のトラックパッドです。

ボクはそれまでMacを使ったことが無かったので、Macに対する好き嫌いの感情はありませんでした。使ったことが無いんですから良いも悪いも評価できないのは当然です。

しかし、初めてMacのトラックパッドを使った時に衝撃を覚えました。

「何だこの使いやすさは〜!」"


Macのトラックパッドを知った自分は、iOS7より前のiPhoneやiPadが、Macみたいにスワイプでページ送りできないのが結構苦痛でした。iOS7で対応して、今は満足してますけど。

 

"でもボクのような、どちらの信者でも無い人間には、使い勝手さえ良ければどちらでも良いのです。
だって、両者に機能の差なんてほとんど無いんですから。
Windowsが便利ならWindowsを使いますし、Macが便利ならMacを使います。
ネットサーフィンしたり、動画を見たり、ブログを書いたり、調べ物をしたり、メールを書いたり、銀行振込をしたり、ショッピングをしたり、そういう個人が日常の使用をする限りはどちらでも不自由はありません。
同じ機能なら操作性が良いほうが便利。それがボクの考え方です。
そこで井の中の蛙だったボクはMacを使って知ってしまったんですね。
操作性が全然違う、と。
残念ながら世の中の95%の人はWindowsとMacを比較してWindowsを選んだのではなく、単にMacを知らないんですよね。"



自分も、昔はMacを知りませんでした。Windowsでパソコンに対する嫌なイメージが強すぎて、Macってさらに上級向けなのかな、と勘違いしてて。
 

"Apple信者という言葉がありますが、別にあれって理由も無く信者になるわけじゃありません。ちゃんと理由があります。

もちろんデザインに惹かれて信者になる人もいるでしょうが、一方で、その優れた操作性に惹かれて信者になる人も多いんです。

一度、Macの操作を知ってしまうと、Windowsに戻れないという声もよく聞きます。「戻れない」と言うくらいですから、その人たちはWindowsのことも良く知っているのです。"



ええ。自分も最初に使ったパソコンはWindowsで、人生で経験ないくらいに急激に顔色悪くなって、周りから驚かれてました。

その後もずっとパソコン苦手意識あったのが、Macを使うようになって、以前よりも全然分かるようになって、気づいたら自然とタッチタイピングもできるようになった今では、パソコンというジャンル自体への苦手意識は無くなり、便利に使えるもの、という認識に変わりました。
 

でも、今でもWindowsを使いたいと積極的には思えないですね。以前よりも、見下しながらは使えますけど。なんだこれ?みたいな。

歴史的な事実として、ビルゲイツ様が、パソコンで動くMacが欲しい、とMacを意識的にパクって産まれたのがWindowsですから、Macが使えれば、その劣化コピー版のWindowsも、使えなくもない、分からなくもない、なんか不快だけど、というもので。


Windows自体、ビジネス的にシェアだけは握ったものの、決して元々評価の高い代物でもないわけで。

 

WindowsとMACとUNIXの微妙な関係 - 続:なんてこったい。 - Yahoo!ブログ
 

"ここまで読んでもらった人にはわかると思いますが、Macにはタッチパネル画面は不要です。
Windowsではスライドパッドがあまりにも使いにくいので、仕方なく代わりにマウスを使ったりタッチパネル画面を装備する必要が出てきました。
しかしMacの場合は、トラックパッド自体がiPhoneやiPadのタッチパネルに匹敵する快適性を持っているので、わざわざ腕を持ち上げて画面にタッチする必要が無いのです。
むしろ、タッチパネル画面は指で画面が隠れてしまうというデメリットがあるんです。
Macのトラックパッドは画面が指で隠れないiPhoneだと思っていいと思います。"


これは、明らかに事実で、以前もSurface Pro 3のCMにあまりに呆れて記事を書いたことありますけど、

実は今日初めてMS社のSurfaceのCMの中身を見てみて、一瞬時間が止まった件。評価急降下。 | Creative Arts Showers's Blog

Macのトラックパッドの凄さを知りながらあえて無視して、画面をタッチできないと意味不明にディスるCM流しながら、次は、シレッとMacのトラックパッドのマルチタッチもパクろう、という本領発揮ぶりで。流石です。

マイクロソフトはこうでなきゃ。ビジネスたるもの、こうでなきゃ。今では支配者マイクロソフト様のために、各企業や、その社員は存在するかのような既成事実もあるのですから、マイクロソフト様はパクって潰して王者でいてもらわないとと。

Googleもっと頑張って、みたいにも思いますけど。

 

"もし人生で一度もMacを使ったことが無い人は、良ければ一度は使ってみてください。

よほど何か専門的なアプリを使うのでは無い限り、できる事はほとんど同じなのに、操作性の違いによって作業効率は大きく変わります。

特にiPhoneを使っている人は、iOS8以降と、MacのOS X Yosemiteから、iPhoneとMacの連携が非常に便利になっています。

Macを使っていないとiPhoneの便利機能のうちの7割くらいしか使えないイメージですかね。"

少しでも、 人間的な感覚を重視すると、こうなりますよね。Apple自体、機械を扱いながら、人間的な感覚をとても重視してるようですから。

でも、まるでマイクロソフトのために企業がありビジネスがあり、その企業のために個人があり、というくらいに、ビジネスといえばマイクロソフトとまでになったこのこの20年くらいの世の中ですから。

疑問なく、マイクロソフト様に従いましょう。 数字が全てです。その姿勢こそ、いかにも機械的なパソコンらしいじゃないですか。そういうパソコンだけ使ってると、ビジネスもさらにそうなっていきそうな感じしますけど。

そういうわけで、マイクロソフト初心に帰る、心洗われる一報でした。


 


企業家に聞く:成毛眞氏【後編】:元マイクロソフト社長の成毛眞氏――「もう10年来MS製品は使っていない」 (2/3) - 誠 Biz.ID



自分としては、同じように見える機能の製品でも、理念が違うと自ずと製品が発するものや製品から伝わってくるものも違ってくるとは感じてますけどね。


 


Cc2c1ca50c90d2fca58f2f2f9c306f75 s

 

Yosemiteでの日本語入力はことえりから日本語IMに変化



Mac OS XをYosemiteにアップデートして、一週間くらい経つと思うんですけど、日本語入力環境の変化を最近よく実感します。


今までは、Macの標準の日本語入力システムは、「ことえり」と言われるもので、これが結構評判良くなかったんですよね。主たる理由は、変換があまり賢くなかったり、学習機能が遅くてイマイチということだったかと思います。

それが、Yosemiteになってから、iPhone等と同じ日本語IMというシステムに変更したらしく、それによってMacでの日本語入力環境に目立った変化を感じます。


個人的にオッと思ったのは、学習機能が賢くなってるんですね。一度使ったものが無難に直ぐに上位に変換候補として表示されてる印象です。

以前のことえりでは、何度も変換しても、変換候補の順位が変わらないで、時には何度も、候補の中から下の方まで探して、ということを繰り返してました。 ですから、ことえりの学習機能というのは、何度も変換して、ある程度経ってから反映されるのが当たり前だ、という認識でした。

その苦労が嫌な場合は、 「ユーザー辞書登録」をすればすぐに上位には変換されてはいましたけど。

そういう理由からユーザー辞書を活用していた人も多いと思うのですが、Yosemiteになって、そのことえりのユーザー辞書登録が消えるという不具合が当初から報告されてて、こちらも最初は大丈夫だったのに、最近気付いたらMacのユーザー辞書だけ消えてるようです(iPhoneでは残ってます)。

しかし、変換自体が賢くなったので、あまり問題ないという感じです。
ユーザー辞書登録の必要を感じるのは、最初にあまりにも変換候補に出て来ない言葉を登録して簡単に変換しやすくする、くらいになったかなと思います。もちろん、長い定型文を登録しておく使い方もあるでしょうけど。

さらに、学習機能が賢くなった以外に、最初から優秀になった面もあって、例えば、「きょう」と入力すれば、暦での表示が候補にも出るようになりました。
以前ならATOKやTextExpander等のサードパーティソフトのウリの機能の一つだったものですよね。

スクリーンショット 2014 10 28 23 07 59


そういうわけで、Yosemiteになってからは、標準で日本語入力システムも進化した印象です。


 

OSやキーボードや日本語入力システムとの相性


ちなみに、自分は以前もずっと、ことえり派でした。たしかに学習機能とかでは不満あったんですけど、他の日本語入力ソフトも試した結果、結局ことえりで入力するのが一番早くタッチタイピングできると分かったんですよね。

ことえりよりも変換とか学習機能が優れてると言われるソフトを使っても、全般的なタイピング速度がテキメン遅くなる傾向ありまして。

これはもう完全に相性の問題だとも思いますけどね。他の日本語入力システムだと、ことえりで打ってる程は早く脳から手に連動してさらにタッチタイピング、ということができなかったんですよね。

変換のイマイチさよりも、テンポ悪くなる方が文字入力してる時に気持ち良くない印象ありました。

ことえりだとキーの位置を意識しなくても自然と動いてた指が、他のシステムだと、頭でキーの位置をちょっと意識してから打つような感じになっちゃったんですよね。
それじゃ自然に動いてた時に比べると遅くて当然で。それですぐにやめました。



他のブログで、頭の中で思ってるままにキーボードで打てるようにという目的から、親指シフト、とかを習得したという話ありましたけど、自分は、以前から 「ことえり」 だとまさに頭の中で思ってるままに指がキーボードを叩いてて、それがむしろ良くないんじゃないかとさえちょっと思ってたくらいだったんですよね。

思うままにツラツラ、ダラダラ、書いてるという感じで。


でも、その記事を読んで、こんな脳内ダイレクト吐き出し状況を目的に他の方法を模索してる人もいるわけで、パソコン嫌いだった自分でもMacでなら特に何の練習もしないでも、他の入力ソフトを購入しなくても、Macの標準の日本語入力システムで、それができるというのは良かった面あるのかなと、特に最近ブログをよく書くようになってから感じてます。


「タッチタイピング」で検索すると、練習ソフトとかもあるみたいなんですよね。
自分の場合は、気付いたら自然と出来てた、という感じですけど。その代わり、Macじゃなかったら、全然無理ですけどね。

昔Winsdowsパソコン使ってた頃なんて、タッチタイピングなんて想像も出来なかったですからね。いくら練習しても無理、という感じでした。


 

こういう感覚的、相性的なことは、過去の人生経験から割と重視しているので、今後も相性が合わないものよりも合うものの方を積極的に選んでいきたいなとは思ってます。

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 | Creative Arts Showers's Blog




 

 

JUGEMテーマ:Macintosh


Mac OSX Mavericks:Time Machine
Mac OSX Mavericks:Time Machine posted by (C)kyu3

 

初めて試みたシステム全体の復元


昨日の記事で、Safariにタブのファビコン機能も加えるGlimsがYosemiteになって使えなくなったことから、初めてChoromeを試したということを書きましたけど、Chromeを試す前に、英語圏のフォーラムで、Glimsのインストール自体はできるという記事を見たんで、とりあえずもう一度SafariにGlimsをダウンロードしてインストールしてみました。Safariでファビコン使えれば、こちらの環境としては一番便利なので。

しかし、やはり機能せず、しかも、以前のアンインストール方法では、アンインストールできなくもなってました。

それで、なんか気持ちも悪いんで、昨日の夜、インストールする前の状態に復元しようと思って、初めてシステム全体の復元をやってみました。

過去には、アップデートしたら不具合が生じたアプリケーションの復元は何度かやったことあったんですけど、システム全体の復元はやり方が違いました。どちらも簡単なんですけど。

システム全体の復元の時には、個別ファイル等の復元の時と違って、電源を一度落として、起動時にcommand+Rを押したままにしながらリカバリーモードにして、「OS X ユーティリティ」を開き、「Time Machineバックアップから復元」を選択すれば良いだけでした。

こちらのサイトには個別ファイルの復元の時と、システム全体の復元の時のやり方が詳しく説明されてます。

【Mac】Time Machine を使ったデータ復元・復旧方法 まとめ : C-through the Mac


昨夜実際に復元に要した時間は40分くらいでした。140Gくらい使ってるのと、バックアップディスクは容量と費用の観点からSSDではなくHDDなので、転送速度は遅い部類ですから、まぁそのくらいかなと。見事に、バックアップ時の状態に戻りました。


これなら、Macでなにか不具合があっても、夜にでも復元しようかな、と気軽に思えるレベルでした。

本当は、この機にクリーンインストールするかな、とも思ったんですけど、それはまた結構時間かかったり、簡単とはいえ最初からまた設定しないといけないので、昨日はその気力まではなくてやめました。

Time Machineからの復元だと、設定とかもそのまま残っててすぐ使えます。



 

トラブルにも強いMac




このTime Machineは、設定の簡単さと、復元の簡単さで、Macの大きな特長の一つだと思うのですが、いかんせん、トラブル時にしか注目を集めないので、普段そこまで話題にもならないかとも思います。


しかし、パソコンのトラブルはよくあることで、しかもそのトラブルが招くロス、というのは時間的なものからデータ的なものから心身的なものまで結構なもんですよね。1日つぶれたり。

そういうロスをなるべく少なくできるように、最初からTime Machine機能やディスク修復機能、OS再インストール機能、さらには外づけUSB機器へのOSのインストール機能、等が備わってて、しかもそれらの機能を簡単に使えるように工夫されてることで、トラブル時の被害と平時のトラブルへの備えの労力が共に軽減されますから、全般的にさらにロス少なく利用できるというのも、Macの良いところだなと思います。


平時には良いけど、トラブルには弱い、というタイプでは全くない感じですよね。


最悪内臓ディスクが逝っても、外付け機器にOSをインストールして、TimeMachineのデータを移行することで、外付け機器からの起動でならいつも通りに使えちゃいますからね。リコールになった東芝製SSDが原因でMac Book Airが壊れた時に、その方法でその日のうちに乗り切りました。

クラウドにもデータがあると、さらに傷は浅く済みますね。

 

 

JUGEMテーマ:ブラウザ


Dailymotion:動画をアップロード中、ファビコンでアップロード状況通知 - 2
Dailymotion:動画をアップロード中、ファビコンでアップロード状況通知 - 2 posted by (C)kyu3


 

Glims機能せず

Yosemiteになってから、Safariの機能を拡張するGlimsが機能しないようになってしまいました。


今までは、SafariにGlimsをインストールすることで、ファビコンも表示されていて、それがやはりとても便利だったんですよね。


ファビコンに対応してないYosemite Safariになってから、 他のタブを探すのが以前よりも面倒な感じで、今までいかにファビコンに頼ってたか、と思い知りました。


Safariのタブを一覧させる機能は、 Yosemiteでとても便利になって、同じサイトのページは、自動的にまとめて表示もしてくれます。

ですから、タブ一覧機能を頻繁に使えば良いんでしょうけど、もっと手軽に、上書きしてよいページを直ぐに探すときはファビコンが結構便利なんですよね。

特定のページを見つけて探したいときには、Safariの新たなページ一覧機能はとても便利だと思うんですけど、あまりタブを増やしたくないから上書きしていきたい時には、タブのタイトル、しかもほんの一部を読んでページを推測しないといけないのが、ファビコンある時と比べると少し面倒かなと。

 
初Chrome

そんなわけで、今日初めて、Google Chromeを使ってみました。

メモリを結構消費するような話を目にしてましたけど、チェックしたら、それほどでもなくて、むしろあまり消費してない、くらいの印象です。


速度も最初凄い速くて、段々遅くなる感じもありますけど、タブが15個ある状態でも、こんなもんです。
Chrome Helperというのが結構使ってますけど、Safariでもアプリ本体以外で、結構使いますよね。

141024 0001



今、Chrome使ってる人も多いんだな、とブログのブラウザ別の統計数見て、ちょっと驚いてました。今月の統計だと一番多いくらいで。

出始めの頃から知ってますけど、この数年で急速に伸びてる印象ですよね。IEからは是非乗り換えを検討なさった方が良いんじゃない?とは思うくらいです。今時、ブックマークのインポートとかも凄い簡単で、1分くらいで終わりますし。


かたやSafariは、 Yosemiteになって、ハンドオフ機能でiPhoneとの連携も強化され、タブの一覧もiCloudタブを含めて見やすくなっただけに、あと一歩、是非、ファビコンの対応の方をお願いしたいです。これは、Glims作者の方に、という感じかもしれないですけど。


もしSafariからChromeに本格的に移るとなると、パスワード関連が問題あって、それこそ、有名な1Passwordアプリの導入もいずれ検討しないといけないかな、なんて思ってます。Safariなら、iCloudキーチェーンで便利なんですけどね。


なんだかんだ結局、最新のSafariに望むことは、なんらかのファビコン対応、くらいですかね。Glims側の対応でも良いですし。

EvernoteやPocket等の、必要な拡張機能はありますし。


《追記》

下の記事でも書きましたが、Safariで、ピンチインジェスチャーで、Yosemiteで進化したタブ一覧機能を使えることに気づいてから、またSafariを使ってます。Marvericks以前よりも断然ピンチインジェスチャー使う機会は増えました。

1PasswordとiCloudキーチェーンを両方使えるように連携中。 | Creative Arts Showers's Blog





 



 

JUGEMテーマ:Macintosh



20141021_2898724.jpg


Yosemiteにアップデートして、2日くらい、今まで通り、画像から、Webから、ブログエディタから、画面共有による動画編集など、Macを使ってて感じたことを書きたいと思います。



以前も書いたほんの一部の不具合を 除いて、結構満足してるかなと思います。


その一番の理由は、全般的な軽快さかと思います。 


正直、以前は、下にあるドック は、今までみたいに、立体的で良かったんじゃないかな?と思うとこもあったんですけど、今は少し考えが変わりました。


デザインのフラット化による軽快さが、動作の軽快さを嫌でも増さざるを得ないなら、全般的なフラット化もありだなと。


そう思えるくらい、全般的にYosemiteの動作は軽いと感じます。


画像のiCloudへのアップロードにせよ、Webの表示にせよ、気になった記事のEvernoteへのWebクリップにせよ、明らかに、以前より速いんですよね。半分くらいの速度かもしれません。再起動時間も、ログイン画面の表示が8秒から4秒に半減しました、笑。

これは、Macの性能にも左右されますけどね。 今使ってるMacはこちらです。


 

Macのデザインに関しては、もし、ドック下の重めのデザインを見ながら作業する開発者含めた全員に、動作の軽快さについて無意識的にもなんらか良くない影響を及ぼすならば、 以前から左右のドックがそうであったように、Yosemite的に下のドックもフラットでしかも透けるデザインが良いや、と今は思います。

Yosemiteからは、下のドックも、Handoff機能で、iOSデバイスとの連携機能がアイコンとして表示される場所でもありますしね。

そのくらい、動作の軽快さが好印象です。



それと、Yosemiteに関しては、何よりも、iOS7からの曇りガラス(磨りガラス)のデザインの採用が、結構好きなんですよね。

Yosemite Macでも曇りガラスのデザインがいたるところに現れるというのは 個人的にポイント高いところです。


今回のYosemiteでのデザインのiOS化を見ると、本当は昨年の段階で実現したかったのが、事実上無理で、まずiOS7の変更の方にApple社内のエネルギーを注いだのかな?とか勘ぐっちゃう面もあります。


昨年のMavericksの時点でも、 Safariの省エネ化、高速化、という、見た目に分かりやすい以外の点にも随分と力点が置かれてた印象ありましたけど、Yosemiteになって、さらにデザイン的にも、動作的にも、軽快さが目立ってきたかな、と感じます。

Mavericksより、さらに全般的に軽快な印象です。


ちなみに、以前から、背景透けるデザインはMacでも採用されてたんですけど、やはり曇りガラス(磨りガラス)とは、少し印象が違うんですよね。

以前は、紙が少し透けてる 感じで、Yosemiteはガラスな感じで。


わかりやすい対比のために、同じ写真を背景 として比べてみました。最初のがMavericksで、次のがYosemiteです。


 スクリーンショット 2014 10 21 20 35 20スクリーンショット 2014 10 19 19 53 07



やはり、同じく透けてても、ちょっと違うんですよね。


そんなわけで、とにかく、曇りガラスデザインと、デザインだけじゃなく動作の軽快さも目立つ、Macの新OS X Yosemite でした。


 

 

JUGEMテーマ:Macintosh
JUGEMテーマ:Mac Book


141019 0002
 

とてもスムーズだったインストール



新しいOS X Yosemiteは、初期バージョンの割には今までに比べてあまり不具合ないみたいという情報を見て、ダウンロードだけしてあったYosemiteを昨夜インストールしてみました。

インストール作業自体は、とてもスムーズで速かったです。

最後の残り1分という表示でなかなか完了しない、という記事も見かけましたけど、全然そんなこともなかったです。

最初のインストールの表示が18分で、その後もまたちょくちょくインストール作業続いてましたけど、合計30分もかからなかったんじゃないかなと思います。当初は、寝る前にインストールのスタートだけして、寝ようかと思ったんですけど、随分スムーズにインストールされるんで、そのまま起きてました。

これは、ひとえに、Mac Book Pro Retina 13インチ 2013 モデルのSSDの読み書きの高速さのなせる技でしょうね。同じOSのインストールでも、HDDかSSDかじゃ大分違うことは、以前SSDのMacMac Book AirとMac miniのHDDモデルを両方使ってたことから経験済みです。


141019 0003



Retinaの画面と高速なSSDのMac Bookおすすめです。


 

Yosemiteの第一印象



Yosemiteの印象としては、やはり外観がiOSにかなり近くなりましたね。



iOSの曇りガラス(磨りガラス)のデザインは好きなんで、それがMacでもあちらこちらで現れてくるのは嬉しいです。Safariの上部のバーも全て曇りガラスになりました。メニューバーから下に降りてくるメニュー項目も曇りガラスですね。あと、通知センターが iOSそっくりで、これもiOS同様に曇りガラスです。

スクリーンショット 2014 10 19 19 53 07

Safariに関しては、Yosemiteで、他のブラウザよりも高速化とバッテリーの持ちの良さが実現されているそうで、普段よく使うだけに、嬉しい性能アップです。

6. Yosemite Safariロングバッテリー、美しい複数ページ表示、高速化! | MacStartUP



 

念のため外部起動ディスクも作成



以前、東芝製SSD搭載のMac Book Air 2012がリコールになる不具合に、自分もモロにやられて、その時の経験から、OSのアップデートのたびに、念のため外部起動ディスクを作るようにしてます。

あの時は、SSD全般が逝っちゃって、内部のリカバリーディスクも起動できない、という状態だったので、いろいろ調べて、Mac miniからOSをまたダウンロードして、そこから起動ディスクを作って、起動ディスクからOSを外付けSSDに入れて、その外付けのSSDに入ったOSを使うことで、なんとかしのぎました。

今回は、ターミナルを使うやり方で起動ディスクを作りました。作りかたはこちらを参考にしました。

createinstallmediaツールを使ったOS X 10.10 Yosemiteのインストールディスクの作成方法。



数十分まてば、と書いてあったんですけど、1分もかからず作成されたのに驚きました。

やはり、Mac Book Retina 13インチ 2013 のSSDの高速さ故、でしょうね。


 

不具合



まだ使い始めて1日目ですけど、自分が使った範囲で、不具合ありました。

よく使うImage Toolsというアプリで、ウォーターマークを入れようと文字の項目をクリックすると、その項目が出てこようとする過程でアプリが落ちる、ということの繰り返しでした。


仕方ないので、まだアップデートしてないもう一台のMac miniの方で、作業しました。


バグの報告は自動的にAppleにいってるんで、すぐに改善されるとは思いますけど、やはり、まだMac miniの方はアップデートできないですね。


日本語入力システムのことえりで、ユーザー辞書が消える、という不具合の話もありましたけど、それは大丈夫で、ユーザー辞書は全部残ってました。


 

ハンドオフ機能



ハンドオフ機能には、ちょっと感動しました。今日まだ書く予定なかったんですけど、ふと、Macの下のドックが動くのに気づいて、何かなと思ったら、iPhoneでSafariを見てたからMacの方にも左隅にSafariのアイコンが出てきてて、それが引っ込んだからだったようです。


まさに、以前何度か経験したことのある、「iPhoneでちょっと見かけた記事が気になって本格的に大画面で見たい」という時にピッタリの機能ですね。


スクリーンショット 2014 10 19 19 23 08



このハンドオフ機能については、今後もいろいろ試してみたいと思います。




ちなみに、OSを外付けディスクに入れる時は、高速の SSDがおすすめです。UASPはUSB3.0の性能を存分に使えるので、USB3.0× SSDの効果で、内部 SSD並みの速度が出ます。ケースに入れるSSDの性能に左右されますけど、外付け SSDで400Mbpsも可能です。

 

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
follow us in feedly

Profile

筆者説明文pc.jpg

Link

persimage 6のコピー.jpg


お勧め記事

《幸福度調査1位》幸せ大国デンマークの幸せの素「ヒュッゲ」を日本での生活でも増やしていきたいという話。 (2014.08.27)

スピリチュアルなセッションでも効果がイマイチだったり、嫌な思いをするケースもある原因について。 (2017/06/07)

神殿の神官系と街中の魔法使い系とか霊能者系、サイキッカー系のタイプや出来ることは実はかなり違うという話。

スピリチュアルで危険を回避し、安全に生活に活かしていくために必要な前提知識。サイキック的な能力推しの危険性について。 (2017.05.05 )

才能とか素質とか天才性は、結局どれだけその分野について努力できるかがかなり重要な判断基準だと思った件。 (2015/10/12)

現実的な成功法則とスピリチュアルの関係。引き寄せの法則の信憑性についても。 (2016/06/12)

瞑想の効果の科学的な検証が進み、「マインドフルネス革命」の兆しが現れてるとのこと。企業にも、教育にも、社会にも良い効果があると思います(2015/11/1)7)

人間にとっての「静かな」方のエネルギー(ハワイで言えばマナ)の重要性について (2015/06.04)

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 (2014.08.30)

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 (2014.12.04)

Appleのジョナサンアイブのエリートな凄さが良く分かる本「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」読みました。(2015.01.13 )

ブログ第三章に突入中。やはりMacでブログ書くなら超有名ブログエディタアプリMarsEditは必須だなと振り返るこの半年。(2015/02/17)

Airmail2.0  Macの優良メールアプリがYosemite対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。細かい変更点では最初戸惑った点も。 (2014/10/27)

役者さんが語る空気(エネルギー)(2014/06/18)

準静電界ー人とか物とかが発してるとされる電気の話ー (2014.10.14)

スピリチュアルじゃないと改善・解決しない問題もある。限られた一部のヒーリングじゃないと改善・解決しない問題もある。 (2016/11/06)

「エネルギーバンパイア」で検索したら特徴とか対策とかの記事が凄い数出てくる件。 (2015/01/09)

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、信仰等、広範に関係・影響。(2015/09/14)

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。 (2015/04/21)

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。(2016/01/07)

エネルギーワークと脳と人間の変化の関係。脳科学的に人間が変わるのは簡単じゃない前提での、エネルギーワークの特異な効果や意味について。 (2016/07/21)

願望実現・目的実現のために、スピリチュアル×コーチング。深くから且つ現実的に前進可能。 (2017/02/11)

《レビュー》WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX01 実速度大幅アップ。5GHz帯を利用できる点が評価高し。(2015/03/20)

Selected Entry

Mobile

qrcode

Archive

Comment

  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    watarai
  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    後藤
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    watarai
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    mona

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM