Charlottetown Harbour, Prince Edward Island (471368)
Charlottetown Harbour, Prince Edward Island (471368) / Bob Linsdell


 

役者さんの凄さを引き立てる


今日、NHKの連続テレビドラマの「花子とアン」(写真は赤毛のアンの舞台であるプリンスエドワード島)を見ていたら、脳科学者の茂木健一郎氏が出版社の社長を演じていました。以前予告編でちらっとそのシーンを一部見ただけで素人っぽい違和感あったんで、通して全部みたら、やはり違和感目立ちましたね、笑。

役者って大変なんだなぁ、ってことが逆に良く分かりもしました。普段ドラマとか当たり前に見てたんですけど、外から与えられた台詞を覚えて、感情も込めて、あたかも自分が思ったことをそのまま内側から表現しているかのように演じる、って大変そうだなと。

改めてそう思うくらい、茂木さんの演技は、頭の外に台詞があって、それを喋ってます感が出てて、自然と内側から出て来てる風ではなかったんですよね。


連ドラ終わった後の朝のNHKの番組でも解説員が、「棒読みでしたね」なんてコメントしてたそうなんで、改めてその演技についてどうのとかよりも、その点は、「むしろ普段違和感なく普通に見れてる役者の演技が凄い」と改めて認識させてもらった、ということにしましょうと。


役者さんについては、以前もチラット書いたんですけど、本気でやってる人は、やはり人のエネルギーとか、場の空気感的なエネルギーとか、そういう細かいことまで自然と意識がいってるようですよね。


役者さんが語る空気 | Creative Arts Showers's Blog

 

茂木氏と赤毛のアン


Rustico, Prince Edward Island
Rustico, Prince Edward Island / Dougtone

茂木さんの「花子とアン」への出演については、昼の「NHKスタジオパークからこんにちは」に当の茂木さんが出演されたことで、全て丸く収まった感がありました。

逆に言うと、この番組なかったら、なんか、「なんで彼があの役?」みたいなモヤモヤ感が残ったままだったろうなと、笑。


まず、番組冒頭で、「すいませんでした」と頭下げて入ってくるとこから笑いをとって、その後も、「出演に向けて努力したのはダイエット」、とか、「現場で本番に入る時にベルが鳴るのが嫌だった、役者さん達はあれ大丈夫なんですか?」とか、「本番は運動会の100m走のように一回であっさり終わった」とか、出演にまつわる話もありました。

ちょっとウケたのは、「初めてのことをやることは、脳にとってもとても良い。子供の頃は初めて尽くしだから、時間が長く感じる。逆に大人になると、初めてのことが少ないから、初めてのことをやらない程、時間が短く感じる。」というなるほどという話があった後に、、、、、

「ただ、自分みたいに初めてのことが記録されて全国に流されるというのは、ちょっと、、、、、。」と言って、たしか、またすいません的に頭下げてたと思いました。

 

その後茂木さんの経歴の話に移るわけですけど、東大出て脳科学者になったという話は有名でしょうけど、あまり有名でなかったであろう話として、実は、「赤毛のアン」を小さい頃から愛読していて全巻読んでいて、高校の頃には書評が評価されて賞としてカナダにまで行ったことまであるようです。

高校の頃には英語で原書まで読むくらいの赤毛のアン好きだったそうで。
赤毛のアンに関する本を三冊も出してるそうです。


赤毛のアンについての話で興味深かったのは、「例えば、アンは自分の赤毛が嫌いだったんだけど、アンの旦那になる男性は赤毛であるアンが好きだった」というエピソードから、「人間って、自分が嫌いだと思ってることが、実は他人からは好かれててそれに自分では気づかない場合が結構ある、というように、赤毛のアンは人生で大事なことを色々と教えてくれる」というコメントでした。

たしかに、「他人からは声が魅力的に思われてる人が、本人は自分の声を嫌いで、周りが驚く」というような話は実際にもたまに聴いたことあります。

これだけ、赤毛のアンにまつわるエピソードあったら、そりゃ、赤毛のアンを出版する社長役に、茂木氏を起用するのは当然というか、「むしろ起用しないと」くらいに思いました。

 

気さくな脳科学者?



茂木さんについては、今回の出演で、ちらット、本業の脳科学者の看板に差し障りないの?とか思ったんですけど、共演した俳優さんもVTRの中のコメントで「本番で茂木さんが緊張してて、あれ?脳科学は?」みたいなコメントあって、思うことは同じようなものかなと思いました。

それどころか、茂木さんは、最近始めたばかりというお手玉3個バージョンをスタジオで披露して、できる予定だったけど、できない、というリアルな姿でまた笑いもとる、みたいなお茶目ぶりで、「東大出の脳科学者であることと、脳をあますところなく使いまくって何でもできるスーパーマンとは違う」ということを分かりやすく実証してくれるんですよね。


あくまで研究者ですから、脳のタイプとしても、メインは研究者脳、なんでしょうね。役者脳とか大道芸脳ではなく。

脳については、まだまだ解明されてないことが沢山あるからこそ、脳の研究者もいるわけでしょうし。「皆さんも一緒に脳を鍛えましょう」っていう気さくなスタンスなのかな、と見てて感じました。


 

A0070 000186 m

 

このCreative Art活動を初めたある時期から、利き腕が変わって、左利きになってもう数年経つんですけど、今では箸を右手で持つ方が無理、というかしんどい、という感じあります。字は右で書くんですけどね。
 

ただ、利き脚の方は昨年くらいまでは、左とは言えないような感じでした。 それよりも、以前よりも脚が両方とも動かしやすくなってきたな、という印象が強かったです。


それが、さらに、最近は、利き脚も今は左だな、と感じるようになりました。サッカーとかやるなら、絶対左脚優先に使うな、というイメージや体感が自然と湧いて来る感じで。右脚だと窮屈に感じるんですよね。


それで思い出したのが、元サッカー選手のミハイロヴィッチ選手です。左利きで、フリーキックでハットトリックを達成したこともあるくらい、世界的なフリーキックの名手として有名な選手でした。



実は、自分は昔はバスケとかには興味あっても、サッカーはあまり興味なかったんですよね。それが、たまたまテレビで、ミハイロヴィッチ選手がフリーキックを蹴るシーンでチャンネルが合って、「かなり距離あるからどうせ入らないだろ」って思いながらちょっとだけ観るつもりで観てたんですよね。当時こちらは、海外のサッカー選手についてはほとんど知識も無かったんで。



そんな感じで観てたら、今思っても凄いシュートだと思うんですけど、その結構距離あるフリーキックがズドンとキーパーの手の届かないゴールの隅っこに入ったんですよね。その時かなり驚きまして。スタジアムの歓声も凄くて。しかも、その後も試合を観てると、やたらスタジアムの熱気というか、緊迫感が凄くて。やたら盛り上がってるな、なんなんだと。

それで一気にサッカーに興味を持つようになったんですよね。



後で分かったんですけど、たまたま観たその試合は、ローマダービーという、ローマのチーム同士が戦う、イタリアセリエAの中でも、インテル対ACミランのミラノダービーやユベントス対ACミランのイタリアダービーに匹敵するか、あるいは、両者のライバル心だけならそれ以上か、みたいな指折りに熱くなること必至の試合でした。

そんな試合で決まった凄いフリーキックなだけに、スタジアムが異様に熱かったのもある意味当たり前の話だったんですよね。そんな熱いシーンをちょうどタイミング良く、たまたま観ちゃったんですよね、笑。




自分が今、利き脚も左になったな、と感じて、 真っ先に思い出すのは、あのミハイロヴィッチ選手のフリーキックで、あれをたまたま観たことから、サッカーにも興味持つようになったなぁ、という思い出ですね。


あの一目惚れ的なインパクトは相当で、その後、ミハイロヴィッチ選手の祖国ユーゴスラビアの代表選手とかを中心に、サッカー観てた時期ありました。当時、ちょうどストイコビッチ選手も日本でプレーしてましたし、ユーゴスラビアも、黄金世代と言われて世界的に有名な選手が多くいましたし。

7c1d74c993b4e0b008bbd82ee2a20061 s


ユーゴスラビアに興味持つようになったのも、ミハイロヴィッチ選手のあのフリーキックのシーンが最初のきっかけだったんですよね。(写真はセルビアの街並)


旧ユーゴの選手って、昔から、身長高いのに、 足下のテクニックが巧いことでも世界的に有名で、当時、自分も身長高くて、むしろサッカーは苦手な部類の意識あったんで、逆に惹かれるようなところもあったんですよね。テレビで観てると、身長の高さを感じさせないしなやかな動きをする人が多くて。他の国の高身長の選手って、もっとカクカクしてるのが普通なんですけどね。


あの頃、まさか10年後くらいに、自分が利き腕変わって、利き脚も変わる、とかは想像もしてなかったですね。


もちろん、今でもこんなシュートは蹴れないですけどね、笑。毎日腹筋100回はやってるとか本人もインタビューで言ってました。





ま、利き腕も変わるリアルなCreative Art活動の継続で、利き脚までも変わってきたってことで、さらに継続してがんばります。


 

JUGEMテーマ:自然科学




今日、東京では夕方から、また結構な雷雨ありましたけど、今日ふと、このゴロゴロ音はどういう原因で?と思い、調べた流れで、さらに驚いたのは、そもそも雷の発生原因は、科学的に完全には解明されてないみたいですね。

これだけ音と光のインパクトありまくりなのに、原因は、完全には解明されてません、と。

そのことに、むしろ驚きしたね。


雷 - Wikipedia






 

”雷の発生原理は研究が続けられており、さまざまな説が論じられている[6]。まだ正確には解明されていない[3]。ブリタニカ百科事典「雷」”

1

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
follow us in feedly

Profile

筆者説明文pc.jpg

Link

persimage 6のコピー.jpg


お勧め記事

《幸福度調査1位》幸せ大国デンマークの幸せの素「ヒュッゲ」を日本での生活でも増やしていきたいという話。 (2014.08.27)

スピリチュアルなセッションでも効果がイマイチだったり、嫌な思いをするケースもある原因について。 (2017/06/07)

神殿の神官系と街中の魔法使い系とか霊能者系、サイキッカー系のタイプや出来ることは実はかなり違うという話。

スピリチュアルで危険を回避し、安全に生活に活かしていくために必要な前提知識。サイキック的な能力推しの危険性について。 (2017.05.05 )

才能とか素質とか天才性は、結局どれだけその分野について努力できるかがかなり重要な判断基準だと思った件。 (2015/10/12)

現実的な成功法則とスピリチュアルの関係。引き寄せの法則の信憑性についても。 (2016/06/12)

瞑想の効果の科学的な検証が進み、「マインドフルネス革命」の兆しが現れてるとのこと。企業にも、教育にも、社会にも良い効果があると思います(2015/11/1)7)

人間にとっての「静かな」方のエネルギー(ハワイで言えばマナ)の重要性について (2015/06.04)

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 (2014.08.30)

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 (2014.12.04)

Appleのジョナサンアイブのエリートな凄さが良く分かる本「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」読みました。(2015.01.13 )

ブログ第三章に突入中。やはりMacでブログ書くなら超有名ブログエディタアプリMarsEditは必須だなと振り返るこの半年。(2015/02/17)

Airmail2.0  Macの優良メールアプリがYosemite対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。細かい変更点では最初戸惑った点も。 (2014/10/27)

役者さんが語る空気(エネルギー)(2014/06/18)

準静電界ー人とか物とかが発してるとされる電気の話ー (2014.10.14)

スピリチュアルじゃないと改善・解決しない問題もある。限られた一部のヒーリングじゃないと改善・解決しない問題もある。 (2016/11/06)

「エネルギーバンパイア」で検索したら特徴とか対策とかの記事が凄い数出てくる件。 (2015/01/09)

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、信仰等、広範に関係・影響。(2015/09/14)

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。 (2015/04/21)

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。(2016/01/07)

エネルギーワークと脳と人間の変化の関係。脳科学的に人間が変わるのは簡単じゃない前提での、エネルギーワークの特異な効果や意味について。 (2016/07/21)

願望実現・目的実現のために、スピリチュアル×コーチング。深くから且つ現実的に前進可能。 (2017/02/11)

《レビュー》WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX01 実速度大幅アップ。5GHz帯を利用できる点が評価高し。(2015/03/20)

Selected Entry

Mobile

qrcode

Archive

Comment

  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    watarai
  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    後藤
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    watarai
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    mona

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM