Balloon 1522431 640

 

固体的な人と空気的な人


この数年、大きなエネルギー的変化を体感しています。

簡単に言うと、過去にかなり空気的なエネルギーだった自分が、過去は上に向いていたベクトルを正反対の下の方向に変えて、エネルギーの小ささと重さを日々増していくための変容の日々を経て、固体的なエネルギーにもなってきて、その変化を着実に体感してきたというわけです。


そんな経緯から、エネルギー的に小さく重くエネルギーが集まってる固体的な人と、そこまでエネルギーが自分に集まっていないホワッとした空気的な人がいることが、自分のように真逆のベクトルの変化を体感してない人達よりも、リアルな感覚を持って分かってるとは言えるかなと思ってます。

で、そもそもほとんどの人達が、固体的なエネルギーだと感じます。東京だから尚更なのかもしれませんが、日々多くの人達を目にして、やはりそう感じます。ある意味、こちらがこの数年、超苦労して獲得してきてるような固体的なエネルギーに、ほぼ生れつきの体質として、生まれ育ってる印象なんですよね。ちょっと羨ましい面もかなりあります。

Kid 1241817 640

多くの子供が小さい頃って、凄い活発だったり、レストランとかでも泣き喚いちゃったりしますけど、自分のような空気的なエネルギーの気的過敏体質と言われる人達って、子供の頃大人しいという特徴があるそうです。

自分も、凄い小さい赤子みたいな頃から親もレストランとか連れて行っても、大人しかったらしいです。小さすぎて記憶にもないですけど、泣きわめく系ではなかったそうですね。

ちなみに、気的過敏体質とは大まかに言うと以下のような特徴があるようです。昔の自分はかなり当てはまってましたね。自己が希薄な感じは凄いありました。

気的過敏体質

 

 

”「障害」を持っているようにも見えず、幼児でもないが、共鳴力の高い人たちというのがある。「障害」児や幼児がそうであるように、“自己”が希薄で「存在」を照らす鏡のような存在であり、無欲で透明感が高く、存在感は薄い。別に何の標識を持つわけではないので、誰にも存在価値を認められない場合も多く、気的に果たしている役割が大きいのに、それは目に見えないので、無理解にさらされやすい。

そういう人たちを気的過敏(共鳴)体質と呼んでいるが、誰でも程度の差はあるが、そういう傾向は持っている。ただ自己の“存在感”を重視する近代社会にあっては、そういう傾向は押し殺されてきたといってよいわけで、そういう傾向を“価値”として認めにくいので、自己の中にそれが見えない人もいるし、認めたがらない人もいる。”

 

 

特徴も沢山列挙されてるのですが、自分の場合は、


 

"とくに幼児期は親からみて、おとなしくて手がかからない子どもである
持久力がない(疲れやすい)
エネルギーの集中が持続せず発散しやすい

 

努力が実らない(達成感が薄い)。努力したことほどうまくいかない
思いがけないことがうまくゆく(期待していたことやモノは忘れた頃やってくる)

 

知らない人に声をかけられやすい

若く(幼く)見られやすい(ただし、思春期には落ちついているように見えやすく、年長に見られやすい)"

 

なんていう特性は特にありましたね。

ですから、生まれつきかなり性質の違いってあるようです。
 

固体的なエネルギーの方が楽

 

Rock 403773 640

 

 

そんなこちらも、この数年、日々、ある意味普通の人の感覚にも近づいてるんですよね。そして、その分、過去に比べて体感的にも明らかに楽にもなってきてます。

普通、昔の自分みたいに、初めてパソコン使って、いきなり周りに驚かれるくらいに顔色悪くなったりしないですもんね。親族というか親戚も含めてほぼ全員違います。

そういう意味で、固体的か空気的かというのは、肉体的な遺伝というよりは、エネルギー的な性質の違いだと思います。

昔の自分の方が今よりも全然大変でした。下の記事にも書きましたけども。

大きいエネルギーと小さいエネルギー。小さい方が楽。ただ、スピリチュアル的にはエネルギーの大きさの経験は意味もあったかなと振り返ってみる最近です。 | Creative Arts Showers Blog


 

”これは、自分の実体験として分かるんですが、大きいエネルギー だった過去はとても大変で、そこから利き腕まで変わって小さいエネルギーになって地上的になって物質的にもなるにつれ、「あぁ以前よりも楽だなぁ」と年々強く実感してきました。

エネルギーが身体に集まるので、身体もよく動くようになりますし、エネルギーが小さいので受ける負担も少ないです。

これは、実際に大きいエネルギーを体験して比較してみないと分からない話ですが。

基本的に、この世的には、自分を貫いてる人って強いイメージありますよね。

でも、そういう人って、むしろエネルギー的には小さいことが多いんですよね。

エネルギーが小さくまとまって、物質的だから、頑固なまでに自分を貫きやすい、という面があります。”

 


過去の苦労は何だったんだって話もありながら、何とかより普通っぽく固体っぽくなってきた今でも、以前からのセッションとかはできますし、以前に戻ることも簡単にできるわけですけど、そういう素養に加えて、最近では、スピリチュアルとか「分からない」という人の感覚も以前よりも分かるようにもなってきてます。
 

固体的で、目に見えるものが全てな人

 

City 647400 640

そもそも空気的な少数派として理解されずに迫害を受けてきた可能性の高い側のこちらが、さらに、今頃になって、自分のような人のことが分からないという人の気持ちまで分かるようになって、何が美味しいのかという話でもありますが。

まぁおそらく、スピ的なことが、一切分からないという人達の多くが、生来かなり身体にエネルギーが集まって、固体的なエネルギーで、「目に見える物質が全て」みたいな感覚なんだと思うんですよね。戦後日本の高度経済成長の時代を、物質主義的に生きていた中高年には特に多い感じもします。

もちろん、この世の中、目に見える物質が全てかというと、科学的にもそんなわけはなくて、この空間には色々な種類の電波も飛んでることは明らかで、最近ではノーベル賞で話題になったニュートリノや、重力波みたいな、生活とはあまり関係なさそうな超微細なエネルギーの存在についても話題になってますよね。

ただ、まぁ、そういうこと全然興味なくても生きていけるし、目に見える身体が全てで、身体が死んだら終わりでしょ、魂なにそれ?という人達の感覚も以前よりもよく分かるようになってきてました。
たまに、スピリチュアルを否定するために、科学を持ち出すインテリもどきもいますが、さすがに、文系にそれをやられると、むしろ、、、?とは思います。

ただ、頭の質はともかく、その超固体性と時代背景から、やたらと目に見える物質が全てみたいな気持ちになるのも、以前よりは分かるかなと。


以前は、こちらは生来の体質的にも、そういう目に見えないエネルギーの影響を受けて、辛い思いもしてたんで、エネルギー的なことが分からないという感覚が分からない、みたいな面もありました。まぁ基本的に、この世は天国じゃないんで、敏感な方が生きづらいですよね。鈍感力なんていう本も出てましたし。
 

”ところで、無神論者とかも世の中にはいて、だいたい科学的思考を基に、そういう思想になってる印象ですけど、実はヨーロッパでは元々、、、

”神さまが世界を創ったのなら、そこには美しい法則があるに違いない。この法則を明らかにしようとする試みが、科学につながっていったのです。”

とのことです。


有名なニュートンも、神の存在証明、ということにも挑戦してたそうですしね。”

 

偉大な科学者が、偉大なスピリチュアリストだったという事実もありますからね。

 


東大病院の矢作 直樹氏の著書「人は死なない ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索」を読みました。 | Creative Arts Showers Blog


 

”欧米において近代スピリチュアリズムを主導したのは、後述するスウェーデンボルグをはじめ、ノーベル賞科学者を含む当代第一級の自然科学者達だったという事実には興味深いものがあります”



頭的にスピリチュアルを否定してる人は、頭の問題で言うならば、スピリチュアルとも関係あると言われる量子力学などの最先端の科学を追求するくらいに頭が良いというよりは、エネルギーが固体的過ぎて、興味ないものは一切受け付けないくらいに頭が固いという性格的な特性の方を感じますね。

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
follow us in feedly

Profile

筆者説明文pc.jpg

Link

persimage 6のコピー.jpg


お勧め記事

《幸福度調査1位》幸せ大国デンマークの幸せの素「ヒュッゲ」を日本での生活でも増やしていきたいという話。 (2014.08.27)

スピリチュアルなセッションでも効果がイマイチだったり、嫌な思いをするケースもある原因について。 (2017/06/07)

神殿の神官系と街中の魔法使い系とか霊能者系、サイキッカー系のタイプや出来ることは実はかなり違うという話。

スピリチュアルで危険を回避し、安全に生活に活かしていくために必要な前提知識。サイキック的な能力推しの危険性について。 (2017.05.05 )

才能とか素質とか天才性は、結局どれだけその分野について努力できるかがかなり重要な判断基準だと思った件。 (2015/10/12)

現実的な成功法則とスピリチュアルの関係。引き寄せの法則の信憑性についても。 (2016/06/12)

瞑想の効果の科学的な検証が進み、「マインドフルネス革命」の兆しが現れてるとのこと。企業にも、教育にも、社会にも良い効果があると思います(2015/11/1)7)

人間にとっての「静かな」方のエネルギー(ハワイで言えばマナ)の重要性について (2015/06.04)

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 (2014.08.30)

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 (2014.12.04)

Appleのジョナサンアイブのエリートな凄さが良く分かる本「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」読みました。(2015.01.13 )

ブログ第三章に突入中。やはりMacでブログ書くなら超有名ブログエディタアプリMarsEditは必須だなと振り返るこの半年。(2015/02/17)

Airmail2.0  Macの優良メールアプリがYosemite対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。細かい変更点では最初戸惑った点も。 (2014/10/27)

役者さんが語る空気(エネルギー)(2014/06/18)

準静電界ー人とか物とかが発してるとされる電気の話ー (2014.10.14)

スピリチュアルじゃないと改善・解決しない問題もある。限られた一部のヒーリングじゃないと改善・解決しない問題もある。 (2016/11/06)

「エネルギーバンパイア」で検索したら特徴とか対策とかの記事が凄い数出てくる件。 (2015/01/09)

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、信仰等、広範に関係・影響。(2015/09/14)

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。 (2015/04/21)

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。(2016/01/07)

エネルギーワークと脳と人間の変化の関係。脳科学的に人間が変わるのは簡単じゃない前提での、エネルギーワークの特異な効果や意味について。 (2016/07/21)

願望実現・目的実現のために、スピリチュアル×コーチング。深くから且つ現実的に前進可能。 (2017/02/11)

《レビュー》WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX01 実速度大幅アップ。5GHz帯を利用できる点が評価高し。(2015/03/20)

Selected Entry

Mobile

qrcode

Archive

Comment

  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    watarai
  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    後藤
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    watarai
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    mona

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM