Apple 758333 640

 

ハーバードの自分を知る技術


最近、「ハーバードの自分を知る技術 悩めるエリートたちの人生戦略マップ」という本を読みました。
 

著者は、ゴールドマン・サックスで副会長まで務めたハーバード・ビジネススクールの教授です。著者自身が、エリートビジネスマンで、しかもエリート大学の象徴みたいなハーバード大学のビジネススクールの教授ということですから、さぞ人間離れした様な別世界の話が書かれているのかと思いきや、全然そんなことはありませんでした。

むしろ、極めて現実的なコーチングの王道の様なお話でした。

アメリカのエリートでも、仕事や人生に満足してないケースを沢山見てきた様です。むしろ、アメリカのエリートだからこその悩みなのかもしれませんが。。。

 

”この二五年間というもの、私は同じような会話を繰り返してきました。ゴールドマン・サックスで管理職に就いてからずっとです。(中略)「端から見れば、うまくやっているように見えるでしょう。でも、これは私が思い描いていた人生と違うんです。今頃はもっと大きなことを成し遂げて幅を利かせているだろうと思っていました。もっと幸せになっているものと。でも、実際は楽しくないんです」  大抵の場合、焦りや苦悩をにじませながら訴えます。(中略)  多くの人が、「もっと大きなことがやりたい。自分ならもっと大きなことができると思う。何か重要なことを成し遂げたい。(略)」と主張するのです。  彼らの主張には共通点がありました。彼らは、お金という報酬では仕事を続ける動機にならないことに気づき、愕然としていたのです”

 

アメリカのエリートですから、確かに、大きなことを成し遂げることも可能な潜在能力はあるのではないかと思えてきます。。。。

著者はゴールドマン・サックスでの経験からハーバードの学生にも極めて現実的なアドバイスや質問を行います。

 

”私はよく、複数の企業から採用通知を受け取って進路に迷う学生から相談を受けます。彼らの性格や能力の話をする前に、私はまずその仕事の中心的な業務は何か尋ねます。しかし、的確に答えられる人はごくわずかです。  そこで私は大概の場合「高い成果を出すために必要な業務は、仕事によって全然違うんだよ。求められるスキルが幅広いのだから、一人の人間がどの仕事もそつなくこなせるはずがないんじゃないかな?」と学生に指摘します”
”あなたの重要な目標のなかに、自分の長所と短所にもっと注意を払うことを加えてください。  そのあとで、短所を克服するよう努力するのか、それとも不得意分野を別の人に任せて、あなたは長所を伸ばすかを決めることもできます。万能であろうと努力する代わりに、全体的な効率を上げる対策を講じましょう。 ” 
”情熱は、私たちが天職を見つけたり、あきらめずに頑張ったり、弱点の克服に努めたりするのに欠かせない燃料です。情熱があるからこそ、私たちは高みをめざして戦い続けることができるのです?”
”できるだけ高い報酬、ステータス、権力、ポジションをほしいという、野心的な人を何人も見かけました。こうした動機(「外発的動機づけ」)はあなどれません。同時に、「内発的動機づけ」も無視はできません。内発的な動機づけとは、学習意欲、信念、人間関係、スキル磨き、訓練、所属意識、仲間意識などのことです。  繰り返しますが、高いパフォーマンスを長く維持するには、内発的動機づけをいくらか満たす仕事をする必要があります。”

 

そして、慎重に仕事を選択した後は、現実的に、ある程度時間をかけて取り組むことを勧めています。
 

”潜在能力を発揮するには、時間の尺度を調整しなければならないということです。  人間関係を構築し、環境に適応するには時間がかかります。あなたのなかの時計が時限爆弾のように時を刻んでいたら、新しい仕事になじもうと行動する余裕も、スキルを身につける余裕もなくなってしまいます。”
”やりたいことを見極め、賢く仕事を選んでください。しかし、一度仕事を選んだら、その仕事に十分に時間をかけると自分に約束しましょう。十分に時間をかけた後に、正しい選択だったのかを再度評価しましょう”

 

著者は世間的な成功を押し付けるタイプでは全然ない代わりに、自分の道を進むことの困難さも十分に認識しています。アメリカのエリートにとっては、世間的な成功路線を行くのはそんなに難しくはないんでしょうけど、そこからあえて外れて、自分の道を進むことは簡単ではないでしょうね。

 

”周囲が〈成功〉だと言うものを鵜呑みにせずに、あなたが自分で〈成功〉とは何かを定義する必要があります。  この道筋をたどるのは容易ではありません。というのも、この道筋を進むには、自分を知らなければならず、また仕事や人生に関する一般常識や他人の意見をシャットアウトする必要があるからです。  あなたが自分の納得のいく選択をすると、家族や恋人、友人、同僚からバカにされるかもしれません。周囲の心配(または反対)をかわす鈍感力を身につけた方がいいでしょう”

 

ティム・クック氏の場合




最近、AppleのCEOのティム・クック氏がMIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業式でスピーチを行いました。

 



ティム・クック氏といえば、大学の卒業式で表彰されるくらいに優秀で、直ぐにIBMにスカウトされて働くことになり、クリスマスイブの日も工場での勤務を自分から申し出たというエピソードもあるほど、優秀な仕事人間なイメージがありました。

そして、コンパックの副社長をしてた頃に、ジョブズ氏に出会いスカウトされて、周囲の反対を押し切って当時倒産寸前の状態のAppleに入社し、サプライチェーンの管理の達人としてAppleの復活と躍進に多大な貢献をしたという、超優秀なビジネスマンの凄いトントン拍子な成功ストーリなのかなと思ってました。

 




しかし、実際はティム・クック氏もずっと悩んでたんですね。。。。

 

”みなさんは、MITを卒業し、人生の次なる階段を進み始めるにつれ、「これがどうなるというんだ」「何のために」「自分の目的ってなんなんだろう」と思う日が来るでしょう。正直に言います。私も同じ問いを自分にし、答えるのに15年かかりました。私自身の話をすることによって、諸君らは私ほど時間をかけずに済むと思います。”
”いい職につければ見つけたことになる気がした。次に、そうするには今より少し昇進する必要があると思った。それでもダメでした。私は、答えはそう遠くない将来にあるんだと自分を納得させようとしましたが、どれも答えを満たしていません。そのことが、私の心をかき乱しました。”


そんな当時のクック氏が、Appleに復活したジョブズ氏と出会ってすぐに「天才」と感じ、「直感で」Apple行きを決意したという話も有名かと思います。いかにも理詰めな印象のクック氏ですが、悩んでた頃は

 

”答えを求めデューク大学院に入学しました。瞑想、宗教、偉大な哲学家、文豪に頼りさえもしたのです”


とのことですから、直感的な判断も重視する下地もあったんでしょうね。そして、ジョブズ氏の下でAppleで働くことで彼の長年の悩みは消えていきます。

 

”それまで、これほど情熱的なリーダーや、ここまで明確で心を惹く志を持つ企業に出会ったことがありませんでした。その目的というのは「人に仕えよ」というものです。こんなにシンプルなものだったんです。その瞬間、15年間の探求でやっと何かをつかんだ気がしました。

 

やっとの思いで、団結した気分になれた。高い志を持ち、挑戦的で、最先端の仕事をする企業との協力。まだ見ぬ技術が明日の世界に改革をもたらすと信じるリーダーとの協力。そして、自分自身、より大きな何かに尽くす深い欲求との団結によるものです。”


クック氏がよくAppleのことを「愛してる」と表現してましたけど、まさに本当に求めてた職場であり、仕事だったんでしょうね。
 

世の中への貢献

 

Earth 2191121 640

まぁできれば、アメリカのエリートには、このレベルまで目指して欲しいもんですよね。Appleは確実に世の中を変えてきたと言えるでしょうし、ティム・クック氏は、環境問題への意識も高いですし、今後のITに関する道徳的な面への関心も当然高いです。

こちらは以前から書いてるんですけど、IT企業の中には、いかにもザ・デジタルな感じの製品を作ってその製品に人間を従わせてると感じる会社はあるんですけど、Appleはあくまで人間が上で、ITは道具だという姿勢が一貫してるんですよね。だから、人間にとっても使い心地が良い製品なんだと思うんですよね。

 


 

 

クック氏のスピーチでも、そのAppleの思想は明らかです。
 

”時々、我々を繋げるはずのテクノロジーそのものが、私たちを切り離したりもします。

 

テクノロジーには雄大な可能性が秘められている。ですが、テクノロジーそのものが偉大なことをしたり、欲求を持つわけではない。それらは、我々の役割なのです。テクノロジーは我々の家族、隣人、コミュニティーへのコミットメント、美への愛、全てのことが相互関係を持つという考え、良識、優しさを吸収しています。”

”私はAIにより、コンピューターが人間のような思考回路を持つことを心配しているわけではありません。むしろ、人間がコンピューターのように道徳的価値や慈悲、結果を関せずに思考するようになることを恐れているのです。こうならないために、みなさんには手助けしてほしい。”
”ジョブズが一度言いました、「テクノロジーだけでは不完全なのである」と。人類、教養、テクノロジーが揃って初めて、幸せになれるのです。何をするにしても、他人中心でものごとを考えると、莫大な影響を及ぼします”

 

Appleが無くなってMSだけになるとこちらも困るんで、これからも高い志で、良い製品を提供してもらいたいですし、アメリカの優秀なエリートで良心がある人には、お金や地位という外部的要因だけじゃなく、持てる潜在能力を発揮して、世の中に貢献してもらいたいなと思いますが、それも簡単ではない話のようです。

ハーバードの教授の本でも、その難しさについて、はっきりと指摘されています

 

”誰もがこの種の罠に陥りやすいと言えます。成功を享受した後、失敗を恐れるようになり、手にしたものを失うまいと執着するようになるのです。そして成功するきっかけとなったことを、やらなくなってしまうのです。  (中略)慎重になるあまりに、率直に意見を言わず、反対すべきときに黙認し、比較的安全なリスクしか取らず、それであなたにしかない能力が開花すると思いますか?  ビクビクしていては、自然に振る舞うことも、優れた直感や才能を発揮することもできません。不安は、気づかないうちにあなたのキャリアを邪魔してしまいます。 ” 
”私の経験を言わせてもらうなら、あなたはいつか境界線を越えるか、核となる信念に背かざるを得ない状況に陥るでしょう。たとえば、威圧的なクライアントを満足させなければならなかった、上司の圧力で境界線を越えなければならなくなった、、etc”

 

ティム・クック氏も指摘しています。

 

”本当に重要なことに集中し続けましょう。あなたの人類への志が試される時が来ます。覚悟しておきなさい。周りには、「キャリアに感情を持ち込むな」と説得しようとする人が現れるでしょう。この誤った考え方を受け入れてはなりません。”
”数年前の株主総会にて、Appleの環境への焦点、投資に疑念を持った方がいました。その方は、「Appleは投資利益を得られる見込みのある環境イニシアチブのみに投資すると誓え」と要求してきます。私はなるべく好意的な返答を努めました。(中略)

 

しかしながら、彼は納得しない。私は激怒し、「我々のスタンスを受け入れることができないのなら、Apple株を持つべきではない」と伝えました。”

 

ハーバードの教授も、ティム・クック氏も、共通して重視していることが、「自分の価値観を明確にしておく」ということです。以下、ティム・クック氏の言葉です。
 

”自分の志が正しいものだと確信できましたら、立場を明確にする勇気を持ちましょう。問題や不正が行われているのを目の当たりにしたら、あなた以外にそれを解決する人はいないと思ってください。本日をもって卒業するみなさん、心体を駆使して、自分を超えた何かを創りましょう。これ以上のことはない、ということを覚えておいてください。”

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
follow us in feedly

Profile

筆者説明文pc.jpg

Link

persimage 6のコピー.jpg


お勧め記事

《幸福度調査1位》幸せ大国デンマークの幸せの素「ヒュッゲ」を日本での生活でも増やしていきたいという話。 (2014.08.27)

スピリチュアルなセッションでも効果がイマイチだったり、嫌な思いをするケースもある原因について。 (2017/06/07)

神殿の神官系と街中の魔法使い系とか霊能者系、サイキッカー系のタイプや出来ることは実はかなり違うという話。

スピリチュアルで危険を回避し、安全に生活に活かしていくために必要な前提知識。サイキック的な能力推しの危険性について。 (2017.05.05 )

才能とか素質とか天才性は、結局どれだけその分野について努力できるかがかなり重要な判断基準だと思った件。 (2015/10/12)

現実的な成功法則とスピリチュアルの関係。引き寄せの法則の信憑性についても。 (2016/06/12)

瞑想の効果の科学的な検証が進み、「マインドフルネス革命」の兆しが現れてるとのこと。企業にも、教育にも、社会にも良い効果があると思います(2015/11/1)7)

人間にとっての「静かな」方のエネルギー(ハワイで言えばマナ)の重要性について (2015/06.04)

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 (2014.08.30)

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 (2014.12.04)

Appleのジョナサンアイブのエリートな凄さが良く分かる本「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」読みました。(2015.01.13 )

ブログ第三章に突入中。やはりMacでブログ書くなら超有名ブログエディタアプリMarsEditは必須だなと振り返るこの半年。(2015/02/17)

Airmail2.0  Macの優良メールアプリがYosemite対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。細かい変更点では最初戸惑った点も。 (2014/10/27)

役者さんが語る空気(エネルギー)(2014/06/18)

準静電界ー人とか物とかが発してるとされる電気の話ー (2014.10.14)

スピリチュアルじゃないと改善・解決しない問題もある。限られた一部のヒーリングじゃないと改善・解決しない問題もある。 (2016/11/06)

「エネルギーバンパイア」で検索したら特徴とか対策とかの記事が凄い数出てくる件。 (2015/01/09)

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、信仰等、広範に関係・影響。(2015/09/14)

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。 (2015/04/21)

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。(2016/01/07)

エネルギーワークと脳と人間の変化の関係。脳科学的に人間が変わるのは簡単じゃない前提での、エネルギーワークの特異な効果や意味について。 (2016/07/21)

願望実現・目的実現のために、スピリチュアル×コーチング。深くから且つ現実的に前進可能。 (2017/02/11)

《レビュー》WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX01 実速度大幅アップ。5GHz帯を利用できる点が評価高し。(2015/03/20)

Selected Entry

Mobile

qrcode

Archive

Comment

  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    watarai
  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    後藤
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    watarai
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    mona

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM