JUGEMテーマ:日本代表


サラエボ
 

オシムが見たザックジャパンの3戦。「変えねばならないのはエスプリだ」 [メルマガNumberダイジェスト] - Number Web - ナンバー


オシムさんと今の日本サッカー

オシムさんの母国のボスニアヘルツェコビナ(写真は首都のサラエボ)は、ヨーロッパの予選でギリシャと同組で、ギリシャを上回って一位で予選通過して本戦出場だっただけに、ギリシャについても詳しいので、日本とギリシャについての発言は重いものがあるかなと思います。

オシム監督はギリシャの予選通過を驚いてますね。

 


ギリシャが通過するとは、誰も思っていなかっただろう。ヨーロッパでも大きな驚きだった。

繰り返しになるが日本がリズムに溢れた攻撃をしていれば、ギリシャはついていけなかった。彼らに寄せるだけの余裕を与えず、彼らを走らせてボールの後を追いかけさせていただろう。日本にそれができる力があっただけに本当に残念だ。能力的にはまったく問題がなかった。


こちらも、今の日本代表は、ギリシャは一番やりやすい相手で、勝つかなと思って見てたんですけど、途中から0-0の引き分けをほぼ最悪の事態として、まさかそれ?みたいな感じで見るようになって、結局その結果になったんですよね。

でも、今の日本代表ではない昔の日本代表がギリシャ代表と戦っても、そこまで勝つ期待もなかったですね。スピード感無かったですから。たしか2006年W杯の前に当時ヨーロッパ予選敗退したボスニアヘルツェコビナ代表と親善試合をして、逆転されてなんとか引き分けたくらいでしたし。


2006年のドイツW杯で、不本意な負け方した後に日本代表になったオシム監督の、「日本はヨーロッパの真似をしてもダメ、日本人らしい曲線的な速い動きを活かしたスピードを武器にすべき」という思想が、時を超えてこの4年間ザッケローニ監督になってからも受け継がれていたと思うんですよね。

その間の、パスサッカーでW杯もユーロも優勝したスペイン代表の強さもその戦術の裏付けとなって。

長友選手や香川選手みたいな小柄な選手が、インテルやマンユーに行く、なんてのは、昔は想像もできなかったですけど、それはまさにオシム監督が指摘してた通りでもあったわけで。


あのクラスの世界的な監督が、日本の世界における持ち味を指摘してくれただけでもありがたい話ですよね。


  オシムさんと祖国


オシムさんは、祖国ボスニアヘルツェコビナでも、この数年も活躍してたそうです。

日本より遥かに難しい民族問題を抱えた国内情勢の調整のために。一時は、サッカー協会が民族毎にあることから、FIFAから除名される話だったのを、オシムさんが尽力して何とか形式上一つにまとめたそうです。

今大会のドイツの優勝は、90年のW杯以来らしいですけど、その大会で、ユーゴスラビア代表の監督だったのがオシム監督で、ドイツは、当時大会前からユーゴスラビアを強いと認識していて、そのユーゴスラビアに初戦で4点取って勝ったことから弾みがついて優勝にまでこぎつけたと、当時のドイツ代表の選手が回想してました。

ユーゴスラビアの方は、国内の分裂問題を抱えて、各民族が自民族の選手を応援するみたいな異常事態で、初戦のドイツ戦は各民族のメディアを黙らせるためにあえて各民族のメディアが満足する選手起用にして負けて、それ以降はオシム監督の思うように選手起用して手堅く勝って、ベスト8まで行ったというのは有名な話かと思います。


 


W杯は、ドイツが優勝しましたね。

毎回強いドイツは、通算成績も、ブラジルに次いで断トツなんですよね。

グラフにすると良く分かるくらいに、ほぼ毎回出場するだけでなく、出場したらグループリーグは必ず突破して、何大会も連続ベスト8とかですよね。

あまり柔らかいテクニックの印象がないんですけど、高さと強さと組織力で、リネカー氏をして、「サッカーは結局ドイツが勝つスポーツ」と言わしめた程に強いんですよね。

なぜかイタリアには相性悪くて勝てないみたいですけど。

ドイツの相手の研究が凄いという話しは、元ドイツ代表のリトバルスキー氏も話してました。

今大会は、オランダも3位ということで、前回オランダについてちょっと触れたこともあり、ちょうど先日こんな記事をPocketしてもいたんで、ご紹介します。

  “日本惨敗”はW杯だけではない経済でもドイツ、オランダに絶対勝てない理由|岸博幸のクリエイティブ国富論|ダイヤモンド・オンライン

W杯前の闘莉王の言葉が頭をよぎる。本当の「日本のサッカー」とは何か?(1/5) [ブラジルW杯通信] - Number Web - ナンバーhttp://number.bunshun.jp/articles/-/821248

一応、4年に一度のW杯期間なんで、こういう記事に関しても投稿しとこうかなと。

実は、最近知った、記事のタイトルとURLをコピペするブックマークレットのお試しでもあります。

まぁ、結果次第でいかようにも言われるのは容易に想像つきますけど、実はこの記事の中で一番印象に残った記述は、オランダの国民性です。

毎日同じようなもの食べても満足みたいな。

サッカーのイメージからすると、革新性とか、中途半端なことはしない、ようなイメージがあるんで意外でした。

今回のオランダの監督は、以前2002年W杯の予選で、オランダの攻撃サッカーを貫き過ぎて、リードしていて後は普通に守れば勝てた試合をさらに攻撃的な選手交代して逆転負けして本大会を逃した、という経歴ある人なんですよね。

その監督が、今大会は、守備的な5バックを採用して、カウンターからスペインに大勝したりして意外なインパクトあったんですけど、それで勝てたのも「後はお任せ」的に一人で点取れちゃうロッペンとかいたからという面も大きい印象ありました。

この記事については、日本についてより、オランダの国民性がこちらが前回書いた何気ない幸せ感重視みたいなのに近くて、サッカーのイメージからするととても意外だったことが印象的でした。

以前も、「この大会は何が起こるか分からないエネルギーを感じる」、とは書いてたんですけど、本当に予想もしないような事態がブラジルに起きて驚いてます。

次のロシア大会は、割と普通だと思うんで、日本としても、あまりつまらない方向を目指しても実りは少ないかもしれないな、とは思います。

スペインも、たとえ地元チームが優勝しても、内容がつまらないと評価されないのは有名で、更に各地域の自立心もとても強くて、スペイン代表が優勝した時に、中心選手のシャビ選手が、「スペイン万歳」と言ったことに対して、彼の所属クラブの地元バルセロナでは、「そういうことを言うべきではない」みたいな話しすらあったくらい地域の独立意識強いようです。

日本で言えばまるで江戸時代なわけで、それよりは日本の方が本来代表としての団結力とかあるでしょうから、それは強みとして活かさない理由はないかなと。

なんか、昔、日本離れイメージみたいな感じでいた人が、今はむしろ日本推しみたいにビジネス的に活動してる人もいて、雰囲気は少しお笑い芸人みたいになってもいますけど、そういう極端な変化に振り回されるのも辞めて欲しくて、今回の結果にもあまり過敏に振り回される必要もないんじゃないかな、と個人的には思うんですけどね。

この方向で、さらにもっと結果出せるように頑張れば良いじゃんという感じで。

おそらく次のロシア大会では、今大会程得点も入らないと思いますし、チームワークで、パスを繋いで、素早く連動して、みたいなこと無かったら、むしろ、なんか面白いの?って話しで。

以前の日本代表の、後ろでやたらパス回して、直線的で、次に何やるか見え見えで、やはり点入らなくて、、、だと、サッカーもバスケみたいに、何十秒以内にハーフラインの内側にボール入れないといけないとか、シュートしないといけないとかルール決めないと、ルールのルーズさを悪用して、見ててもつまらない、ということになるよという感じしますね。

以前、オランダリーグの最終節で、それこそ、負けたら降格のチームが負けないために、延々最後尾でボール回してるだけの試合があって、相手チームもそれに迎合してるだけで、そういうことができるルールな時点で、秒単位で厳しいし逆転もありうるNBAとかが人気なアメリカでは割と緩いルールなサッカーが人気ないのも良く分かる感じしましたし。

今日も起きてから一通り取り組み、いつものように変容も実感し、最後にまた変容あって、その時に思ったのは、これから、何気ない幸せ感を増やす、という方向性で行こうかなと。

今までもずっとそういう方向性で取り組んできて、その面では確実に成果も上がってたんですけど、ホームページにはあまりそういうこと書いてきてなかったんですよね。

そういうこともあり、今日からはっきり何気ない幸せ感路線を打ち出して行こうかなと、思いました。

今の自分的にはとても得意なジャンルだと思いますし。



 

今日、また一つ、変化、進歩あったことを実感しました。

昨日から、アートもちょっと変化もしています。

昨日今日の変化は、今後の活動にも、また分かりやすく変化をもたらすとも思っています。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
follow us in feedly

Profile

筆者説明文pc.jpg

Link

persimage 6のコピー.jpg


お勧め記事

《幸福度調査1位》幸せ大国デンマークの幸せの素「ヒュッゲ」を日本での生活でも増やしていきたいという話。 (2014.08.27)

スピリチュアルなセッションでも効果がイマイチだったり、嫌な思いをするケースもある原因について。 (2017/06/07)

神殿の神官系と街中の魔法使い系とか霊能者系、サイキッカー系のタイプや出来ることは実はかなり違うという話。

スピリチュアルで危険を回避し、安全に生活に活かしていくために必要な前提知識。サイキック的な能力推しの危険性について。 (2017.05.05 )

才能とか素質とか天才性は、結局どれだけその分野について努力できるかがかなり重要な判断基準だと思った件。 (2015/10/12)

現実的な成功法則とスピリチュアルの関係。引き寄せの法則の信憑性についても。 (2016/06/12)

瞑想の効果の科学的な検証が進み、「マインドフルネス革命」の兆しが現れてるとのこと。企業にも、教育にも、社会にも良い効果があると思います(2015/11/1)7)

人間にとっての「静かな」方のエネルギー(ハワイで言えばマナ)の重要性について (2015/06.04)

パソコン嫌いだった自分が、Macで苦手意識を克服した後、初めてMacでドヤ顔の意味が分かった時。 (2014.08.30)

スティーブ・ジョブズ氏がAppleを追放されたことで生まれたもの達、そして変わった世界。 (2014.12.04)

Appleのジョナサンアイブのエリートな凄さが良く分かる本「ジョナサン・アイブ 偉大な製品を生み出すアップルの天才デザイナー」読みました。(2015.01.13 )

ブログ第三章に突入中。やはりMacでブログ書くなら超有名ブログエディタアプリMarsEditは必須だなと振り返るこの半年。(2015/02/17)

Airmail2.0  Macの優良メールアプリがYosemite対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。細かい変更点では最初戸惑った点も。 (2014/10/27)

役者さんが語る空気(エネルギー)(2014/06/18)

準静電界ー人とか物とかが発してるとされる電気の話ー (2014.10.14)

スピリチュアルじゃないと改善・解決しない問題もある。限られた一部のヒーリングじゃないと改善・解決しない問題もある。 (2016/11/06)

「エネルギーバンパイア」で検索したら特徴とか対策とかの記事が凄い数出てくる件。 (2015/01/09)

人間にとっての見えないエネルギーの重要性。心身の健康、運気、性格、気分、相性、素質、適性、やる気、信仰等、広範に関係・影響。(2015/09/14)

(遠隔)ヒーリングの存在意義とか効果やヒーラーの素質などについて。 (2015/04/21)

コテコテ系ではなく、分かり難いスピリチュアル。透明感重視。その方が俗世にも良い影響も及ぼしやすいのではとも思ったり。(2016/01/07)

エネルギーワークと脳と人間の変化の関係。脳科学的に人間が変わるのは簡単じゃない前提での、エネルギーワークの特異な効果や意味について。 (2016/07/21)

願望実現・目的実現のために、スピリチュアル×コーチング。深くから且つ現実的に前進可能。 (2017/02/11)

《レビュー》WiMAX2+ Speed Wi-Fi NEXT WX01 実速度大幅アップ。5GHz帯を利用できる点が評価高し。(2015/03/20)

Selected Entry

Mobile

qrcode

Archive

Comment

  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    watarai
  • Things3が、Apple製品専用アプリならではの、素晴らしいタスク管理アプリだった!
    後藤
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    watarai
  • Macアプリ Airmail  Macの優良メールアプリがYosemite以降にも対応。通知センターウィジェットは便利。アカウントも引継ぎ可能。(追記) El CapitanのSplit Screenにも対応。
    mona

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM